カテゴリ:額装(和額・扁額) > 額装(WORKS)

DSC09331
以前ご紹介した、蛇の抜け殻を『 ん 』+『 丸⇒円⇒縁 』のBLOGをご覧いただき、同じような『ん』の額を作ってほしいというご依頼があり、お仕立てした額装です。

大阪府よりお越しくださり、表具に使用する和紙や額縁の仕様など時間を掛けて取り合わせをお選びいただきました。

蛇の抜け殻と言えば『寿』が一般的ですが、実は前回の投稿以降多くの方に『ん』ご好評いただいております。
DSC08381
▲before(抜け殻の状態)
DSC09325DSC09432
DSC09328
DSC09319
DSC09320




DSC09470
作/はる(書道家)
書/木龍

DSC09468
DSC09469




DSC09467
作/はる(書道家)
書/美脳
DSC09464
DSC09465




DSC08590
DSC08586
DSC08585
DSC08583
DSC08582
DSC08581
DSC08584




DSC08698
作/吉村美瑤
書/いろは歌

いにしえから今日までこの国に在り続けている
『いろはにほへと ちりぬるを』

桜の花は儚く、
散る時は春の風に吹かれゆらゆらと漂う

吉村さんの書から伝わる情景です。
DSC08699
DSC08704
DSC08705
DSC08702




DSC08720
書家/吉村美瑤 作品/海

母なる海
生命の起源
どこまでも深い
優しく包み込んでくれる

そんな思いが込められた作品です。
DSC08725
DSC08727
DSC08726
DSC08724
DSC08731
DSC08730



DSC077630001
DSC07757
DSC07761
DSC07758




DSC07969

『足引の 山のしげみの迷ひ路に 人より高き白百合の花』

DSC07975
DSC07974
DSC07976
DSC07982
DSC07979
DSC07977




97F26A5D-D125-48EC-928F-28BA931F4256
作家/はる(書道家) 作品/Mori Bito(守人)

鳥の様に見える中央の書は、守人と書いてあります。
はるさんの創造力にいつも感動させられます。
7772006D-5EFD-45C6-858E-D7235065F0EE
4ACCC242-1110-4F1D-BB0F-7BA23F119582
39D7CBFB-C693-45E0-998B-CCEE0F0CDE57
880E9FF8-EC30-463A-AB74-35E73C6E3B74




DSC06177DSC060630001
DSC06166
DSC06171
DSC06172
DSC06170
作家/福山締法(曹洞宗管長・永平寺79世貫首)
作品/
清真
ご依頼主/岐阜県




DSC05034
作家/中村淳子(彫刻家) 

彫刻家が表現する絵画。
DSC05039




DSC03128
作家/はる(書道家) 作品/真

いつも思う、先ずは真っすぐ向き合ってみること。
DSC03130
DSC03131




DSC03127
作家/はる(書道家) 作品/生きる

優しく柔らかい表情の中に、秘めたる力強さが宿っている。
DSC03018
DSC03125





F7C0D721-D985-4CFE-A2FD-92E227F9FF70
二種の金銀細工和紙を構成して額装にしています。
向かって右側は金銀砂子で、左側は銀細工(水切) です。




DSC02265
『 ん 』です。

脱皮したての蛇の抜け殻を見つけると運気(金運・子孫繁栄)が上がると言われています。
蛇は、身の安全を守るために目立たないところで脱皮するから何処で脱皮するか判らない為、とても貴重なことなのです。
ご依頼主は、その貴重な蛇の抜け殻を玄関で発見された強運の持ち主です。

基本的に額装にする場合は『 寿 』や『 一本筋 』にすることがほとんどですが、ご依頼主夫婦にとってひらがなの『 ん 』にとても縁があるということから、『 ん 』+『 丸⇒円⇒縁 』と意味を繋げて表装させていただきました。
※丸には魔除けの意味があるという説もあります
DSC00399
表装前の状態
DSC02275
※後ほど保護用としてアクリルガラスを嵌め込んでいます
DSC02271
DSC02269
DSC02274
DSC02267
蛇の抜け殻/額表装
ご依頼主/岐阜県




DSC02294
意味を調べてみると、『文字が記してなく白く残っている部分』
書道家のはるさんのオーダーで仕立てた額装ですが、言葉の意味と作品が調和しています。

作家さんにとっては、憤りを感じてしまう時世ですが、作品(書)がより生かされるための意味のある空白の時間(余白)であってほしいと切に願います。




DSC01947
「現在」・「過去」・「未来」を書で表しています。
とても穏やかなお人柄で、非常に豊かな表現をされる書道家のはるさんの作品です。
僕の心はこの作品だけで虜になってしまいました。

来たる11月22日(金)~24日(日)まで、名古屋市東区にあるEnne_nittourenさんで自身初の個展をされるにあたって額装を松月堂でさせていただいております。出店数は、現時点でおよそ20点ほどの予定で、そのどれもが創造的で深い意味が詰まっており、何より書のデザイン性に圧倒されてしまう作品ばかりです。
ちなみに僕は、お世辞が嫌いな性格です。
そんな拘り気質の僕の仕事を書道家はるさんに深く理解していただけていることはとても光栄なことです。

はるさんの素敵な作品を多くの方にご覧いただけることを一ファンとして願っています。
是非、書の世界に触れてみてください。きっと楽しい世界が広がっていますよ。
※22日(金)は、はるさんの書道パフォーマンスもございます

DSC02143
DSC02144
DSC02151
詳しくは クリック→Enne_nittouren

DSC01948
DSC01949
DSC01952
DSC01953
DSC01954




DSC00616
ご依頼主と何度も話し合い仕立てた額装です。
この額の装いには、ご依頼主の作品への愛が詰まっており、珠玉の一品と言っても過言ではありません。
表具も贅沢な仕様で、細部にまで徹底して拘っています。

表具師冥利に尽きる、幸せな仕事でした。
DSC00619
DSC00618
DSC00620
DSC00623
DSC00622
DSC00625
DSC00624
裏面は、正絹(シルク)で通常は本金屏風等の最高級仕様でしか使用しないものです。
DSC00615




DSC01795
昨年、息子が描いた作品です。親バカですが、芸術的感性が備わっているんじゃないかと思うほどのクオリティです。
忙しくて中々手を掛けられなかったので、一年経ってしまいましたが額装に仕立てると作品が引き立ちますね。子供の夏をイメージして、縁取りは鶯色系の和紙でポップに仕立てました。
単純な額装に見えますが、中身は表装技術の賜物です。表装は、鑑賞だけでなく保存の機能も非常に優れているのです。
DSC01803




DSC07562
作家:斎藤茂吉
額縁:チーク材
DSC07563
DSC07564
DSC07565
ご依頼主・長野県




DSC06081
DSC06082
DSC06083
高級女桑縁【隅丸仕立て】




DSC06085
DSC06086
DSC06087
加州塗り・黒艶消し【隅丸仕立て】




DSC06033




DSC05768




DSC05769




本紙(作品)は、全て刺繍です。
すごく丁寧で温かみのある作品に心がホッコリします。




DSC05046

『金屏風を掛ける、空間に美を添える』

玄関サイズのミニ額装です。
仕様は、本格金屏風と同じクオリティです。
なぜなら金箔紙以外の材料は、ほぼ金屏風製作で出た廃材を使用しているからです。
よくあるパネルの額とは、似て非なるものです。
DSC05048
DSC05047
DSC05045
【金箔・GAKUSO】
 表面:金箔紙(特殊着色加工)
 裏面:本鳥の子和紙(無地:茶系)
 下地:(白)杉材組子下地(和紙重ね張り本格仕上げ)
 受張:手漉き和紙(純楮)

 サイズ【W47㎝ × H25㎝ × D2㎝】

 お問合せはこちら▼
 info@shogetsudo-hyoso.jp




BlogPaint
勇仁智・剣道七段昇段記念(本紙:手ぬぐい)・額装
ご依頼主・岐阜県各務原市




DSC02442
DSC02440
日新為道・額装
ご依頼主・岐阜県関市




↑このページのトップヘ