カテゴリ: 掛軸(軸装)

DSC09271
書/清修梵行深入仏海
形式/草の草

茶掛けをより簡素に。
風袋を省く。
取り合わせの裂地も淡い色彩で。
DSC09270
DSC09280
DSC09279
DSC09275
DSC09274
DSC09278
DSC09273




DSC09078
絵/燕と藤
形式/創作表具

藤の花を表具で表しています。
足元は軽やかなイメージでサクラ材の軸先。
DSC09098
DSC09080
DSC09082
DSC09088
DSC09087
DSC090810001




※before&afterは、撮影時の時間帯や環境(光の入り方)が異なる為、本紙の色味具合が異なりますので、あくまで参考程度にご覧ください
DSC08270
▲before
DSC08485
▲after




DSC08298
本紙は、脆く儚く取り扱いが困難な状況です。DSC08300
本紙裏面①DSC08301
本紙裏面②
以前に裏面から安易な修理がしてあった為、かなり困難かつデリケートな修繕でした。
DSC08304
本紙裏面③
裏打ち及び異物を剥がし・取り除いた状態です。
DSC08266
▲before
DSC08481 (1)
▲after




DSC08267
▲before
DSC08482
▲after




DSC08269▲before
DSC08484
▲after




DSC08272
▲before
DSC08486
▲after




DSC08492
DSC08491
DSC08487
DSC08489
DSC08509
DSC08508
DSC08507
DSC08506
折れ伏せ処置をした、掛軸(本紙)を優しく守ってくれる太巻き芯入りの特注桐箱を採用しております。




DSC08526
DSC08524
DSC08521
DSC08525




DSC08520
書/二行書
形式/明朝表具

本紙覆輪は、白。
明朝筋は、淡い藍色。

いずれも五厘幅です。
DSC08514
DSC08517
DSC08516
DSC08518
DSC085150001




DSC08533
DSC08530
DSC08536
DSC08539
DSC08532




DSC08467
DSC08468
DSC08466
DSC08474
DSC08465
DSC08469
DSC084640001

DSC08016
家系図と言えば巻子(巻物)のイメージですが、床の間に掛ける事を想定し掛軸に仕立てております。
ご依頼主は、構想の段階でこの形を考えておられ調査も含めると20年以上の歳月を経て具現化することとなりました。

二幅一対の掛軸ではありますが、巻子の要素をディテールに落とし込んでおります。
これに関しては、ご依頼主と何度も打ち合わせを重ねてまいりました。

表紙と奥付は、既製品ではなく松月堂オリジナルの金砂子紙で、本金と中金を五分五分で混ぜ中金がいずれ朽ちていくことで経年劣化を楽しんでもらえるよう趣向を凝らしています。
DSC07004
DSC08006
DSC08007
DSC08008
DSC08009
DSC08010DSC08011
DSC08012
DSC08013
DSC08004
DSC08017
DSC08019
DSC08021DSC08014
DSC08024
DSC08023




DSC07298
▲before
DSC08038
▲after




DSC07299
▲before
DSC08040
▲after




DSC07300
▲before
DSC08044
▲after




DSC07301
▲before
DSC08045
▲after




DSC07303
▲beforeDSC08047
▲after




DSC07302
▲before
DSC08046
▲after




DSC07306
▲beforeDSC08050
▲after




DSC07297
▲before
DSC08036
▲after




掛軸修繕(修理修復)





DSC07749
DSC07743
DSC07741
DSC07751
DSC07744
DSC07745
DSC07746




DSC07380DSC07377
DSC07372
DSC07373
DSC07371
DSC073700001
DSC07375




DSC07360
作/梅仙
絵/柳に燕




DSC06824
▲before
DSC07343
▲after




DSC06825
▲before
DSC07344
▲after




DSC06826
▲before
DSC07346
▲after




DSC06827
▲before
DSC07348
▲after




DSC06822
▲before
DSC07342
▲after




DSC07365
DSC07352DSC07356
DSC07358
DSC07357




DSC04697
▲before
DSC06978
▲after




DSC046930001
▲before
DSC06973
▲after




DSC04696
▲before
DSC06977
▲after




DSC04695
▲before
DSC06976
▲after




DSC06952DSC06955DSC06957
DSC06958
DSC06956
DSC06959
DSC06960
DSC06962
DSC06968
DSC069670001
DSC06965
作/林 雲鳳
絵/観音菩薩
ご依頼主/東京都






6DB44DA3-1735-4A28-A286-E08C4E03CB50
その人らしさを表具で表せれるように心がけています。
6DAFE9F3-0A17-4AE4-93F7-B7E6C67B13DC
388ABECD-6D01-4981-B3C5-3D8C75227F31
410727BF-9378-44A7-B03D-B352E5E53D8E
173DE2F7-5328-42E8-81FC-954977CE47E8




DSC07060
本紙(作品)は、既存の情報のみで構成されていることが理想です。

ヨーロッパの修復の様に当時の作品を復元することが目的ではありません。

故に作業は、難航します。

作品を残すこと(修繕)は、当時の情報を正しく伝えることでもあるのです。

それが結果として、歴史資料にもなり得るからです。

その意味で、下支えとして最低限の色を補う作業が補彩です。




DSC05545
▲before
DSC05716
▲after




DSC05546
▲before
DSC05717
▲after




DSC05547
▲before




DSC05718
▲after




DSC05544
▲before
DSC05714
▲after




DSC05707
DSC057080001
DSC057090002
DSC057100003
DSC05713
DSC05711
DSC05712DSC05706




DSC05471
DSC054720001
DSC054790002
DSC05477
DSC05481
DSC05482
DSC05483
DSC05484




FBAFA822-B5F3-4128-B8D0-4F055F1FC50C
作家/野原桜州
作品/松茸

香りを嗅ぐだけで、秋を感じられます。




DSC046990001
▲before
DSC05460
▲after




DSC047000002
▲before
DSC05462
▲after




DSC04701
▲before
DSC05464
▲after




DSC04702
▲before
DSC05467
▲after




DSC04703
▲before
DSC05469
▲after




DSC04698
▲before




DSC05459
▲after




DSC05449
DSC054510003
DSC054520004
DSC05453
DSC05455
DSC05456
DSC05457
DSC05458
DSC05448
作品/肖像画
ご依頼主/岐阜県




DSC05209
木庵性瑫(もくあん しょうとう、万暦39年2月3日(1611年3月16日)- 貞享元年1月20日(1684年3月6日))は、江戸時代前期に明国から渡来した臨済宗黄檗派(黄檗宗)の僧。俗姓は呉氏。勅諡号は慧明国師。福建省泉州府晋江県の出身。※wiki参照DSC052100001
DSC05211
DSC05212
DSC05214
DSC05215
DSC052160002
DSC05217
DSC05207
DSC05221
DSC05220
作家/木庵性瑫 作品/春渓雪中梅
ご依頼主/岐阜県




DSC04390
DSC04391
DSC04392
DSC04393
DSC04394
DSC04389
般若心経/掛軸表装
ご依頼主/岐阜県




掛軸の本紙(作品)に損傷が無く、表具部分に傷みや破損がある場合は部分修理することが可能です。
通常の修繕・仕立て直しと比べると予算もかなり抑えることができます。
気になっている方は、お気軽にご連絡ください。
DSC03969
▲before
DSC03972
▲after




DSC03971
▲before
DSC03974
▲after
DSC03975




DSC03934DSC03935
DSC03936
DSC03937
DSC03938
DSC03939
DSC03940
DSC03941
DSC03933
六字名号(南無阿弥陀仏)/掛軸表装
ご依頼主/岐阜県




DSC03925
DSC039260001
DSC039270002
DSC03928
DSC03929
DSC039300003
DSC03931
DSC03932
DSC03924
六字名号(南無阿弥陀仏)/掛軸表装
ご依頼主/岐阜県




DSC044870001
DSC04493DSC04485
DSC04497
DSC04494




安田 靫彦(やすだ ゆきひこ)1884年(明治17年) - 1978年(昭和53年)は、大正~昭和期の日本画家、能書家、東京美術学校教授、東京府出身、芸術院会員、文化勲章受章、文化功労者。
靫彦は前田青邨と並ぶ歴史画の大家で、青邨とともに焼損した法隆寺金堂壁画の模写にも携わった。「飛鳥の春の額田王」「黎明富士」「窓」はそれぞれ1981年、1986年、1996年に切手に用いられた。良寛の書の研究家としても知られ、良寛の生地新潟県出雲崎町に良寛堂を設計した。
また靫彦自らも皇居新宮殿千草の間に書、『万葉の秀歌』を揮毫した。※wiki参照
DSC03577
▲before
DSC03877
▲after




DSC03578
▲before
DSC03878
▲after




DSC03579
▲before




DSC03881
▲after




DSC03580
▲before




DSC03885
▲after




DSC03581
▲before
DSC03886
▲after




DSC03582
▲before
DSC03892
▲after




DSC03576
▲before
DSC03876
▲after




DSC03866
DSC03868
DSC03869
DSC03870
DSC03871
DSC03872
DSC03873
DSC03875
DSC03867
作家/安田靫彦 作品/唐美人
ご依頼主/岐阜県



8B33AFF9-826F-473A-AC39-74213FDE8078
お孫さんの初節句のお祝いにおじいちゃんが作った立雛(版画)です。

何ものにも代え難い愛情一杯の立雛です。

贈る人。
贈られる人。

その両方をイメージしながら表装するのが僕の仕事です。

今日が特別な日になっていることを遠くから願っています。56691ABD-B997-42AF-9E3D-2C20D6CF1B63AB27BA75-A7FD-4E78-BCAB-F564A70C2CDC
DB7F10D5-272B-4CE6-8606-A1919ED332CD
22F980B3-73B0-4709-8E39-9151029605CF
AF287F1C-5E93-4A80-ACDB-D309286DEB8C




雲収まりて山岳青し

雲が消え去って、青々とした山が見えてきた。

まだまだ、青々とした山は見えそうにないですね。
DSC02792
▲before
DSC03208
▲after




DSC02793
▲before
DSC03209
▲after




DSC02794
▲before
DSC03210
▲after




DSC02795
▲before
DSC03212
▲after




DSC02797
▲before
DSC03215
▲after




DSC02791
▲before
DSC03207
▲after




DSC03200
DSC03201
DSC03202
DSC03203
DSC03225
DSC032040001
DSC03205
DSC03206
DSC03199
作家/江雲宗龍(大徳寺第184世) 作品/雲収山岳青
ご依頼主/岐阜県




DSC02783
▲before
DSC03096
▲after




DSC02784
▲before
DSC03097
▲after




DSC02785
▲before
DSC03098
▲after




DSC02786
▲before
DSC03100
▲after




DSC02787
▲before
DSC03101
▲after




DSC02788
▲before
DSC03102
▲after




DSC02789
▲before
DSC03103
▲after




DSC02782
▲before
DSC03094
▲after




DSC03084
DSC03085
DSC03086
DSC03087
DSC03089
DSC03090
DSC03092
DSC03093DSC03083
作家/仙厓義梵 作品/火監楼
ご依頼主/岐阜県




DSC02684
▲before
DSC02857
▲after




DSC02685
▲before
DSC02858
▲after




DSC02686
▲before
DSC02860
▲after




DSC02687
▲before
DSC02861
▲after




DSC02688
▲before
DSC02862
▲after




DSC02683
▲before
DSC02856
▲after




DSC02849
DSC02850
DSC02851
DSC02852
DSC02854
DSC02855
DSC02847
作家/北野元峰禅師(永平寺六十七世) 作品/弄花香満衣
ご依頼主/岐阜県




DSC02864
《生死事大無常迅速》

読み:しょうじじだい むじょうじんそく

道元 (曹洞宗の開祖)の拓本です。

人の世の移り変りは常にはかなく変転してやまない。時は移りゆき、形あるものは必ず滅する。一切が無常であり生滅するそのことわりを凝視して、ぼやぼやしていたらすぐに死ぬのだから、無駄に過ごしてはならない。

昔の己に言ってやりたい。
DSC02865
DSC02866
DSC02867
DSC02868
DSC02869
DSC02870
DSC02863
作家/道元 ※曹洞宗の開祖 作品/生死事大無常迅速(拓本)
ご依頼主/岐阜県




DSC02591
DSC02592
DSC02593
DSC02595
DSC02599
DSC02596
DSC02597
DSC02598
DSC02600
DSC02590
DSC02642
作家/小倉宗俊 ※妙心寺派第34代管長 作品/日々是好日
ご依頼主/岐阜県




DSC02427
▲before
DSC03065
▲after




DSC02429
▲before
DSC03066
▲after




DSC02430
▲before
DSC03067
▲after




DSC02426
▲before
DSC03064
▲after




DSC03058
DSC03062
DSC030630001
DSC03061
作家/円山応挙 作品/猿図
ご依頼主/愛知県




DSC02432
▲before
DSC03078
▲after




DSC02433
▲before
DSC030790003
▲after




DSC02434
▲before
DSC03080
▲after




DSC02435
▲before
DSC030810004
▲after




DSC02436
▲before
DSC03082
▲after




DSC02431
▲ before
DSC03077
▲after




DSC03069
DSC030700001
DSC03071
DSC03072
DSC03073
DSC030740002
DSC03075
DSC03076
DSC03068
作家/中井 弘 作品/観音菩薩
ご依頼主/愛知県




DSC02578
臨済宗の僧で大本山国泰寺派管長を務める。愛知県生、花園大学卒。氷見市の野の草学園を創設したしインドシナ難民救済活動に乗り出し、稲葉就園基金を設置した。昭和61年(1986)寂、79才。
DSC02580
DSC02581
DSC02582DSC02589
DSC02583
DSC02585
DSC02586
DSC02587
DSC02588
作家/稲葉心田  作品/布袋画賛
ご依頼主/岐阜県




DSC02478
無心大道帰(むしんだいどうにきす)
余計なことは考えず、無心で突き進めばやがて道は開ける。

正に今の僕に問いただされているようです。
どうしてだろう、古くからある禅の言葉の数々は、実に現代にフィットしている。
DSC01989
DSC02481
DSC02483
DSC02484
DSC02486
DSC02494
DSC02489
DSC02491
DSC02485
DSC02495
DSC02498DSC01913
胡麻竹の軸先
DSC02500
作家/龍橋老師 作品/無心大道帰
ご依頼主/岐阜県




日本画家、京都生、名は光三郎。前川文嶺・山元春挙に学び、山水画を得意とする。文展入選後、井口華秋・池田桂仙らと反帝展の自由な制作をめざして日本自由画壇を結成した。中国に数回遊ぶ。昭和41年(1966)没、84才。
DSC01805
▲before
DSC02528
▲after




DSC01806
▲before
DSC02529
▲after




DSC01808
▲before
DSC02530
▲after




DSC01809
▲before
DSC02531
▲after




DSC01810
▲before
DSC02532
▲after




DSC01812
▲before
DSC02533
▲after




DSC01804
▲before
DSC02526
▲after




DSC02502
DSC02504
DSC02505
DSC02506
DSC02507
DSC02508
DSC02509
DSC02510
作家/林 文塘 作品/立雛
ご依頼主/愛知県




DSC01747
▲before
DSC02438
▲after




DSC01748
▲before
DSC02439
▲after




DSC01749
▲before
DSC02440
▲after




DSC01750
▲before
DSC02441
▲after




DSC01752
▲before
DSC02443
▲after




DSC01746
▲before
DSC02437
▲after




DSC02409
DSC02410
DSC02411
DSC02412
DSC02413
DSC02414
DSC02415DSC02408
掛軸修繕(修理修復)
ご依頼主/岐阜県




DSC01743
▲before
DSC02446
▲after




DSC01744
▲before
DSC02447
▲after




DSC01745
▲before
DSC02448
▲after




DSC01740
▲before
DSC02450
▲after




DSC01741
▲before
DSC02452
▲after




DSC01742
▲before
DSC02445
▲after




DSC02401
DSC02402
DSC02403
DSC02404
DSC02405
DSC02406
DSC02407
DSC02400
DSC02453
DSC02454
伊福部嶽長歌(墨蹟) 掛軸修繕(修理修復)
ご依頼主/岐阜県




DSC01736
▲before
DSC02211
▲after




DSC01737
▲before
DSC02212
▲after




DSC01738
▲before
DSC02215
▲after




DSC01739
▲before
DSC02216
▲after




DSC01735
▲before
DSC02210
▲after




DSC02229
DSC02230
DSC02231
DSC02232
DSC02233
DSC02234
DSC02235
DSC02236
DSC02228
DSC02238
DSC02239
作家/東海亮道(景久山 永昌寺・住職) 作品/寿
ご依頼主/岐阜県




DSC01429
▲before
DSC01765
▲after




DSC01430
▲before
DSC01766
▲after




DSC01432
▲before
DSC01769
▲after




DSC01428
▲before
DSC01764
▲after




DSC01755
DSC01756
DSC01757
DSC01759
DSC01761
DSC01762
DSC01763
DSC01754
作家/山元春挙 作品/初秋(蜻蛉と秋桜)
ご依頼主/愛知県




DSC01647DSC01648
DSC01649
DSC01650
DSC01651
DSC01646
般若心経/掛軸表装
ご依頼主/岐阜県




DSC01641DSC01642
DSC01643
DSC01644
DSC01645
DSC01640
六字名号/掛軸表装
ご依頼主/岐阜県




DSC01558DSC01559
DSC01561
DSC01562
DSC01563
DSC01564
DSC01565
DSC01566
DSC01557
作家/小倉宗俊 ※妙心寺派第34代管長 作品/喫茶去
ご依頼主/岐阜県




※ご依頼の都合により、染み抜き作業はあえて行っておりません
DSC00889
▲before
DSC01597
▲after




DSC00890
▲before
DSC01598
▲after




DSC00891
▲before
DSC01599
▲after




DSC00892
▲before
DSC01600
▲after




DSC00893
▲before
DSC01601
▲after




DSC00894
▲before
DSC01602
▲after




DSC00895
▲before
DSC01603
▲after




DSC00888
▲before
DSC01596
▲after




DSC01541
DSC01542
DSC01543
DSC01544
DSC01540
作品/宴
ご依頼主/岐阜県




DSC03314
【WAKA・武者】
 作品:若武者と鯉のぼり(友禅和紙)
 裂地:西陣織(古代風正絹)※無地部2色共に
 軸先:青磁
 収納:高級二重上桐箱(加州塗り箱・タトウ箱・美術品用防虫香付き) 
 ※高級桐箱(タトウ箱・美術品用防虫香付き)に変更可

 本紙サイズ【巾:47㎝ × 高さ:63㎝】
 掛軸サイズ【巾:73㎝ × 高さ:170㎝】※軸先含む

お問合せはこちら▼
info@shogetsudo-hyoso.jp




DSC07191
▲before
DSC07648
▲after




DSC07192
▲before
DSC07649
▲after




DSC07193
▲before
DSC07651
▲after




DSC07194
▲before
DSC07653
▲after




DSC07196
▲before
DSC07654
▲after




DSC07190
▲before
DSC07647
▲after




DSC07643
DSC07644
DSC07645
DSC07646
DSC07652
作家/斎藤茂吉 作品/短歌
ご依頼主/長野県




DSC07184
▲before
DSC07633
▲after




DSC07185
▲before
DSC07634
▲after




DSC07186
▲before
DSC07635
▲after




DSC07189
▲before
DSC07640
▲after




DSC07188
▲before
DSC07639
▲after




DSC07187
▲before
DSC07637
▲after




DSC07182
▲before
DSC07631
▲after




DSC07628
DSC07629
DSC07630
DSC07636
DSC07627
作家/斎藤茂吉 作品/短歌
ご依頼主/長野県




DSC06814
▲before
DSC07673
▲after




DSC06813
▲before
DSC07672
▲after




DSC07664
DSC07666
DSC07670
DSC07668
DSC07671
DSC07674
DSC07663
作家/翠渓 作品/虎図
ご依頼主/長野県




DSC06807
▲before
DSC07703
▲after




DSC06808
▲before
DSC07705
▲before




DSC06809
▲before
DSC07706
▲after




DSC06810
▲before
DSC07708
▲after




DSC06805
▲before
DSC07699
▲after




DSC07694
DSC07695
DSC07696
DSC07693
作家/斎藤茂吉 作品/拓本
ご依頼主/長野県




↑このページのトップヘ