カテゴリ:巡礼(掛軸) > 朱印帳(納経帳)

DSC01362
以前ご紹介した、BLOG記事『西国納経帳 ⇒ 掛軸にします』が完成しました。




DSC01696
DSC01697
DSC01698
DSC01699
DSC01700
DSC01703
DSC01702
DSC01705
DSC01701
DSC01694
DSC01704
DSC01695




DSC01621
ご朱印帳を解体し、一枚一枚継ぎ合わせ大きな一枚ものにした状態です。




DSC01706
DSC01710
DSC01693
DSC01691
DSC01692DSC01711
西国三十三ヶ所霊場/掛軸表装/ご朱印帳(納経帳)
ご依頼主・奈良県




DSC00460
以前BLOGで投稿したご朱印帳の表装をようやく掲載することができました。
クリック ⇒ 『ご朱印帳メモリーズ』
DSC00461
DSC00462
DSC00463
DSC00465
DSC00466
DSC00467
DSC00471
DSC00468
DSC00472
DSC00473
DSC00474
DSC00459
DSC00589
DSC00587
DSC00590
掛軸をより大切に保護・保管する為、太巻き桐箱を採用しております。
DSC00591
DSC00592
神社仏閣・御朱印帳・掛軸表装
ご依頼主・岐阜県




DSC06562
あらゆる工程を経て、ご朱印帳を掛軸に仕立てることができます。
DSC06565
DSC06777
▲ご朱印帳を解体した状態です
DSC07551
DSC07550
DSC07552
DSC07553
DSC07554
DSC07555
DSC07556
DSC07558
DSC07559
DSC07561
西国三十三ヶ所霊場・御朱印帳・掛軸表装
ご依頼主・岐阜県




DSC07228 (1)
通常、ご朱印帳の紙の厚みや素材では、掛軸にするのは困難です。
しかもご朱印帳の紙の種類・サイズは、販売元によって個体差があります。
数百種類あるご朱印帳の紙の状態を熟知し、表装の方法を変えていかなければなりません。

その方法とは、例えば、裏打ち和紙の種類(厚みや素材)を変えることであったり、糊の配合や加える水の加減の調整であったりします。表装の工程には、一定の答えはないので、その都度適切な方法をアジャストさせていく経験と知識と発想力が求められます。

何故か、そういった面倒なことに魅せられている自分がいます。
DSC06270
DSC06267
ご朱印帳を丁寧に解体するところから良い仕上がりになる勝負は始まっています。
DSC07227
DSC07232 (1)
DSC07233 (1)
DSC07237 (1)
DSC07240
DSC07242
DSC07243
西国三十三ヶ所霊場・御朱印帳・掛軸表装
ご依頼主・滋賀県




DSC04700
朱印帳(納経帳)を掛軸にするには、掛軸の構造を深く理解し、和紙の厚み・柔らかさ・特徴を正確に捉える手先の感覚が大切です。それが、仕上りの良し悪しに直結します。
通常の朱印帳(納経帳)は、厚みのある和紙ですので、そのままでは良い掛軸にはなりません。
なぜなら、掛軸は、薄くて・丈夫で・しなやかが基本なので、朱印帳の和紙の厚みは具合が悪いのです。
※もちろん各々の朱印帳により、サイズ・料紙の素材も異なります

松月堂独自の技法で、そのハンディキャップをなくし、良品な掛軸へと仕上げていくのです。
その時に手先が覚えたあらゆるデータ解析がものを言います。
※正直なところ、そこまで細かいことを考えている表具師さんは、いないんじゃないかと思うくらい拘っています
DSC04701
DSC04702
DSC04703
DSC04709
DSC04710DSC04712
坂東三十三ヶ所霊場/御朱印帳/掛軸表装
ご依頼主/京都府京都市




DSC02898
ご朱印帳を掛軸にするのは、とても高度な技術を要します。
和紙の厚み調整・サイズ調整・滲み止めの下処理・繋ぎ合わせる技術 etc...
そんな私の気持ちとは裏腹に、ご依頼はしばしばございます。

でも、仕上がった掛軸(ご朱印帳)は、迫力があり幾何学的に並んだ朱印はなんとも美しい。

好きな掛軸です。
DSC03348
DSC03349
DSC03350
DSC03351
DSC03357
DSC03356
坂東三十三ヶ所霊場・御朱印帳・掛軸表装
ご依頼主・茨城県下妻市




DSC00772
▲before
DSC00774
 ▲after



 

DSC00730DSC00731
DSC01022
DSC01020 (1)
東京十社巡り・御朱印帳・掛軸表装
ご依頼主・神奈川県平塚市




DSC01957
『西国三十三ヶ所霊場・御朱印帳・掛軸表装』
【ご依頼主:三重県津市】




DSC01958
『西国三十三ヶ所霊場・御朱印・掛軸表装』
【ご依頼主:兵庫県姫路市】




DSC01959
『神社仏閣・御朱印帳・掛軸表装』
【ご依頼主:茨城県那珂市】




DSC01960
『西国三十三ヶ所霊場・掛軸表装』
【ご依頼主:岐阜県各務原市】




DSC01956
『坂東三十三ヶ所霊場・掛軸表装』
【ご依頼主:千葉県千葉市】




↑このページのトップヘ