カテゴリ:巡礼(額装) > 額装(横)

DSC02742
DSC02743
DSC02744
DSC02751
DSC02757
DSC02754
DSC02752
DSC02748
DSC02749
DSC02756
DSC02747
西国三十三ヶ所霊場/額表装/御詠歌
ご依頼主/東京都




DSC02758
DSC02759
DSC02760
DSC02761
DSC02762
DSC02763
DSC02765
DSC02766
DSC02767
DSC02768
四国三十六不動霊場/額表装
ご依頼主/東京都




DSC01067
皆さん、役行者霊蹟札所をご存知ですか?
ちなみに『えんのぎょうじゃれいせきふだしょ』と読みます。恥ずかしながら、僕も数年前に知りました。

役行者霊蹟札所は、修験道の開祖とされる役小角(役行者)ゆかりの三十六寺の霊場巡礼であり、2001年(平成13年)の役行者1300年遠忌を機にして設立されたようで、通常の霊場巡礼と異なり、札所番号は定められていないそうです。

詳しくは、公式サイト ⇒ 役行者霊蹟札所会 をご覧ください。

※仕立ての構造上、アクリルガラスを入れた状態で撮影しています
DSC01068
DSC01069
DSC01070
DSC01071
DSC01074
DSC01077
DSC01079
DSC01078
DSC01072
DSC01073
役行者霊蹟札所/額表装
ご依頼主/大阪府




DSC00071DSC00075
DSC00076
DSC00077
DSC00078
DSC00079
DSC00080
DSC00083
秩父三十四ヶ所霊場・額表装
ご依頼主:群馬県




DSC09890
軸装の百観音霊場は、しばしばご依頼がありますが額装は稀にご依頼いただくものなので、とても貴重です。その貴重なご朱印に触れお仕事させていただけることは、職人としてこの上ない喜びです。
白衣(びゃくえ)の観音様に似合うように、清楚なイメージの表装裂地(正絹・西陣織)でお仕立てしました。
DSC09892
DSC09897
DSC09898
DSC09895
DSC09896
DSC09894
DSC09900
DSC09901
百観音霊場・額表装
ご依頼主:神奈川県




DSC08405
DSC08397
DSC08402
DSC08394
DSC08396
DSC08401
坂東三十三ヶ所霊場・額表装
ご依頼主:神奈川県




DSC05959
表具は、本紙(作品)の引き立て役であること。
それは、巡礼表装でも同じことです。
だからカタログ通りの表装では、本紙に申し訳ない、、

ご朱印・観音様とご依頼主の好みをブレンドし、表現することが表具師の務めです。
『いい仕事をします』の技術的な部分は当然のことで、それ以外に職人としてどれだけご依頼主にご満足いただけるかが、とても重要なのです。
DSC05961
DSC05963
観音様のお衣装の色味に合わせて、大縁・小縁(マット部)と額縁を選定します。
そうすることで、相性の良い表具になり、自然と品が出てきます。

最初から決まりきった表具では、アンバランスで無理やり服を着させられた残念な額装になってしまいます。
DSC05960DSC05964DSC05969DSC05958
うん、カッコイイ表具です。

西国三十三ヶ所霊場・額装
ご依頼主・三重県




2015_03090002
2015_030900052015_03090007
西国三十三ヶ所・横額装




2014_022400052014_02240006
2013_09070022
四国別格二十霊場・カラー御影札・額装




2014_01100014
2014_02030038
2014_02030037
西国三十三ヶ所・御影札・額装




DSC02740
DSC02744
DSC02746
四国八十八ヶ所霊場/横額装
ご依頼主/東京都千代田区



 

↑このページのトップヘ