カテゴリ:巡礼(掛軸) > 本金特上

DSC08286
松月堂の最高級仕様の豪華な本金掛軸です。
DSC08285
DSC08287
DSC08288
DSC08289
DSC08291
DSC08296
DSC08295
DSC08294
DSC08302
右から外柱・中柱・一文字廻し、そしてその間に2本の5厘筋、正確な直線が掛軸の美しさを引き立てています。
DSC08301
八双:本金鍍金・高級透かし金具
DSC08303
軸先:本金鍍金・高級透かし金具
DSC08269
光の当たり方によって、美しい光沢感が出るのが本金正絹裂地の特徴です。
DSC08316
表装形式:真の真(最も格式のある仏表装)
DSC08314
美しい意匠の本金鍍金の透かし金軸
DSC08308
拘りの手縫い風袋です。一般的に仏表装の風袋裏は紺系の無地ですが、松月堂の風袋は贅沢に外廻しと同じ裂地を使用します。しかも裂地の柄も左右対称になる様に仕上げています。見えない細部に気を使うことが良い表具だと思っています。
DSC08317
松月堂には、妥協という言葉はありません。
DSC08324
加州塗り・高級二重箱
DSC08322
高野山奥の院・箱書き
DSC08321
DSC08319
四国八十八ヶ所霊場/掛軸表装/本金特上
ご依頼主/北海道




DSC06470
本金仏表装は、贅の限りを尽くした仕様の掛軸です。
本金の色味は、ギラギラしていないので豪華さの中に『品』があります。
ゆえに、表具師の僕でもその見栄えに毎度うっとりしてしまいます、、

さて、ここからが本題ですが、みなさんにとって『良い掛軸』とは何だと思いますか、、、
上質な材料・素材を使用した高価な掛軸のことでしょうか、
とにかく安価で、納期の早い掛軸のことでしょうか、
カタログ見本のイメージ通りの掛軸のことでしょうか、

僕にはどれもピンと来ないですね。
では、『良い掛軸』とは何かと言うと、並の材料でも高価な材料でも、然るべき技術で、扱う人(ご依頼主)のこと想い、丁寧に仕立てたものこそが『良い掛軸』なのです。
だから、僕が仕立てる掛軸はすべて『良い掛軸』なのです。

おそらく物を大事にする方なら、伝わると思います。
DSC06462
表装裂地:豪華本金・特上正絹(西陣織)
DSC06463
DSC06464
DSC06465
DSC064730001

表装形式:真の真(最も格式のある仏表装)
DSC06468
DSC06469
DSC06474
DSC06476
DSC06477
軸先&八双:本金鍍金・高級透かし金軸
DSC06546
加州塗り・高級二重【上】桐箱
高野山奥の院・箱書き
DSC06545
四国八十八ヶ所霊場/掛軸表装/本金特上
ご依頼主/東京都




DSC04948
『百観音の奇跡』

百観音霊場に限ったことではないのですが、やっぱり百観音霊場のパワーは凄い!
百ヶ寺を超えるご朱印を目の当たりにすると、それだけでご利益をいただいているような気がしてしまいます。
東日本~西日本に渡って霊場(西国・坂東・秩父)を巡ることはとても大変なことで、それを満願し無事に終えられたことは実は、ものすごく貴重なことなのです。

もともと巡礼とは、険しい道のりや様々な困難を乗り越えて『自分や誰かのために』命がけで巡ることなのです。死ぬ覚悟で臨むから白衣を纏う(まとう)のです。

現代では色々と便利になってしまった為、少々大げさに聞こえてしまうかもしれませんが、
僕は、巡礼を無事に満願出来ることは、とても幸運なことであり奇跡だと思っています。

全国に様々な霊場がある奇跡
それを守る人がいる奇跡
巡礼を知った奇跡
巡礼を始めようと思った奇跡
自分や誰かの為にと思った奇跡
参拝をしてご朱印をいただいた奇跡
大切な人が達成できなかった巡礼を継承した奇跡
無事に満願成就できた奇跡
そして、僕の所へ依頼してくださった奇跡

奇跡の賜物なのです。
巡礼にはそれぞれの奇跡のドラマがあるのです。

だから、その奇跡を背負い受け止める表具師の仕事は、とても重大なのです。
僕の仕事はそういう仕事なのです。

世の中の何人の表具師さんが、それを理解しているだろうか、、、
時々違和感を感じます、、、
DSC04479

IMG_0403
DSC04953
本金特上正絹(西陣織)使用
DSC048460001
DSC04847
表装形式:真の真(最も格式のある仏表装)
DSC04845

DSC04949
DSC04856
本金鍍金・高級透かし八双金具
DSC04858
本金鍍金・高級透かし金軸
DSC04957
加州塗り・高級二重桐箱
高野山奥の院・箱書き

日本百観音霊場/掛軸表装/本金特上
ご依頼主/東京都




DSC04925
手前味噌ですが、松月堂の本金表装(掛軸)は品が良い。
ただ豪華で派手でコテコテしないように計算しているからです。
品良く洗練された掛軸は頭の先から足の先まで美しい。
自分で仕立てながら、うっとりしてしまう程です。

もちろん、見た目だけでなく作業工程・材料・品質にもとことん拘っています。
細部まで一切妥協は許しません。
※これは全ての表具に共通します。
だから、仕上がりも優美でしなやかなのです。

ちなみに私は、表具オタクでもある、、 
DSC04926
DSC04928
DSC04929
DSC04931DSC04930
DSC04932
DSC04955
DSC04958
真言宗十八本山/掛軸表装/本金特上
ご依頼主/東京都




DSC01764
四国八十八ヶ所霊場【本金西陣織】掛軸表装
まさに黄金色(こがねいろ)ですね。
DSC01763
滋賀県からお越しのお客様のご依頼品です。
雨の中、遠方よりお引き取りに来られ誠にありがとうございました。




DSC00758
やっぱり、百観音霊場はスゴイです。
迫力が違います。

西国三十三ヶ所を巡るだけでも貴重で素晴らしいことなのですが・・・
心を奪われてぼうっとしてしまいます。




↑このページのトップヘ