カテゴリ:巡礼(軸装) >

DSC08472
カタログから選ぶ表具、、、
う~ん、、なんか寂しい、、、
良い表具は、作品との相性がとても重要です。
僕が表具師として、大切にしていることの一つです。
この表具(掛軸)も、それを意識している象徴的な仕立てです。
DSC07575
▲表装前
DSC08471
▲表装後
DSC08473
DSC08474
DSC08475DSC084820001
DSC08479
DSC08476DSC08480
DSC08478DSC08485
DSC08486
DSC08561
DSC08564
DSC08565
西国三十三ヶ所霊場・掛軸表装
ご依頼主・東京都




DSC07228 (1)
通常、ご朱印帳の紙の厚みや素材では、掛軸にするのは困難です。
しかもご朱印帳の紙の種類・サイズは、販売元によって個体差があります。
数百種類あるご朱印帳の紙の状態を熟知し、表装の方法を変えていかなければなりません。

その方法とは、例えば、裏打ち和紙の種類(厚みや素材)を変えることであったり、糊の配合や加える水の加減の調整であったりします。表装の工程には、一定の答えはないので、その都度適切な方法をアジャストさせていく経験と知識と発想力が求められます。

何故か、そういった面倒なことに魅せられている自分がいます。
DSC06270
DSC06267
ご朱印帳を丁寧に解体するところから良い仕上がりになる勝負は始まっています。
DSC07227
DSC07232 (1)
DSC07233 (1)
DSC07237 (1)
DSC07240
DSC07242
DSC07243
西国三十三ヶ所霊場・御朱印帳・掛軸表装
ご依頼主・滋賀県




DSC04150
DSC04152
DSC04151
DSC04155
DSC04156
西国三十三ヶ所霊場・掛軸表装
ご依頼主・岡山県岡山市




DSC03914
DSC03915
西国三十三ヶ所霊場・掛軸表装
ご依頼主・岐阜県可児市




DSC02898
ご朱印帳を掛軸にするのは、とても高度な技術を要します。
和紙の厚み調整・サイズ調整・滲み止めの下処理・繋ぎ合わせる技術 etc...
そんな私の気持ちとは裏腹に、ご依頼はしばしばございます。

でも、仕上がった掛軸(ご朱印帳)は、迫力があり幾何学的に並んだ朱印はなんとも美しい。

好きな掛軸です。
DSC03348
DSC03349
DSC03350
DSC03351
DSC03357
DSC03356
坂東三十三ヶ所霊場・御朱印帳・掛軸表装
ご依頼主・茨城県下妻市





DSC03083
DSC03085
DSC03086
DSC03090
DSC03089
四国八十八ヶ所霊場・掛軸表装
ご依頼主・静岡県富士宮市




DSC03340
DSC03341
DSC03342
DSC03345
DSC03344
四国八十八ヶ所霊場・掛軸表装
ご依頼主・愛知県豊川市




DSC03091DSC03092
DSC03093
DSC03098
DSC03097
四国八十八ヶ所霊場・掛軸表装
ご依頼主・三重県伊賀市




DSC03099
DSC03100
DSC03101
DSC03105
DSC03104
四国八十八ヶ所霊場・掛軸表装
ご依頼主・三重県伊賀市




DSC02557
DSC02555
『西国三十三ヶ所霊場・掛軸表装』※御詠歌朱印
【ご依頼主 三重県伊勢市】




DSC02560DSC02559
『西国三十三ヶ所霊場・掛軸表装』※ミニサイズ
【ご依頼主 愛知県一宮市】




DSC02665
DSC026640001
『中国三十三ヶ所霊場・掛軸表装』
【ご依頼主 富山県黒部市】




DSC02662
DSC02660
 『西国三十三
ヶ所霊場・掛軸表装』
【ご依頼主 三重県度会郡】



 

DSC02133
『西国三十三ヶ所霊場・掛軸表装』
【ご依頼主:奈良県生駒郡】




DSC02279
『西国三十三ヶ所霊場・掛軸表装』
【ご依頼主:滋賀県彦根市】




DSC02275
『四国八十八ヶ所霊場・掛軸表装』
【ご依頼主:岐阜県加茂郡】




DSC02258
『西国三十三ヶ所霊場・御朱印帳・掛軸表装』
【ご依頼主:京都府舞鶴市】




↑このページのトップヘ