カテゴリ: 表創(HYO‐SOU)

DSC02049
現在、マルセイユとベルリンを拠点に活動中の画家の佐伯洋江さんの作品を表具させていただきました。

詳しくは、noteに綴っております。

クリック ⇒ note(表具師 栗田浩次)
youtube ⇒ 屏風(製作動画)
DSC02065
DSC02110DSC02111
DSC02071
DSC02074
DSC02097




DSC05180
イメージは、銀世界。
だから、表具に色素は要らない。

表具に使用した素材も裂地(布)ではなく、紙表具(和紙)にすることで和紙でしか表現できない簡素な表情が、より雪国の寒々しい印象を演出してくれています。
DSC05184
DSC05178
DSC05179
DSC05176
DSC05189
DSC05187




DSC034510001
作品(書)を書き上げる前の段階から、ご依頼主である書家さん自ら額装のデザインを思考され、そのリクエストに応える形で仕立てた額装です。
DSC03626
DSC03627
DSC03628
DSC03630
DSC03629




DSC04839
福寿の双幅は、松月堂の所有物で私が知る限りでも30年は経っていたものを仕立て直ししました。
別段、状態が悪いわけではなかったのですが、今の松月堂のスタイルに装いを変えたかったからです。
やるべき仕事を優先させていた為、構想から3年程時間は掛かってしまいましたが、イメージ通りの仕上がりになりました。
細かな意匠の説明は専門的になってしまうので割愛しますが、双幅である利点を活かしたシンメトリーを基にめでたい『紅白』を薄めのえんじ色と光沢感のある銀色で演出しました。

福寿という縁起の良い題材なので、今後は毎年お正月の愉しみとして掲げていきたいと思います。
DSC02708
▲before




DSC04837
DSC04833
DSC04847
DSC04845
DSC04844




DSC02463

絵/十一面千手観音立像
形式/真の行(仏表装)

漆黒の中に仄かに煌めく、十一面千手観音立像。
本紙の経年具合と漆黒を引き立てる取り合わせとして、薄茶系を基本にしました。

DSC02462
DSC02465
DSC02466
DSC02467
DSC02464
掛物を空間に添えるだけ。
ただそれだけで、格好が良い。




DSC03195
長野の善光寺近くにある、夏至(gallery&shop)店主の宮田さんから日置路花さんの書を軸装にしたいとご相談を頂いたのは、昨夏のことでした。
所有者と作者の想いを汲み、飾らない表具にしました。
DSC00649 (1)
書/日置路花 ※表装前の状態
DSC03178DSC03180
以下は、この度の軸装に加えて製作動画とキャプションを私なりにまとめたものです。
--------------------------------------

production video full ver.(製作動画)

--------------------------------------

表具

この文字からは、見栄えや華美な装飾といった表層的なことを連想してしまうだろう…。
しかしながら、それは些か安易である。

ここ数年、私は表装美という言葉を意識しているが、ここで言う『美』は、表具の構造美や機能美といった一見では理解しがたいものであり、時間を掛けて説明するに他ならない。

私の求めている表具は、書や絵画を表装技術を持って下支えする事が第一本命で、表具の取り合わせ(デザイン)というものは、不自然でなければ良しであり、超絶技巧とも無縁である。

例えば、軸装することで本紙(作品)の未来は、数百年先まで残すことが可能だが、取り合わせ部分は、修繕の都度潔く新しくするものであり基本的には残らない。
本紙の経年変化に合わせて、やはり不自然でない取り合わせをし、維持させていく。

表具することは、決して大袈裟なことではなく所有者・作者の想いを手助けする、御用聞きのような位置付けとして理解してもらえると幸いである。

--------------------------------------
DSC03192
DSC03190

【日置路花 軸装 -Jikuso-】

寸法 -detail-
・幅:二尺四寸×高さ:三尺二寸/W:727㎜×H:970㎜


素材-material-
・綿/cotton
・麻/linen
・正絹/silk
・和紙(純楮紙)/washi
・檜葉/wood
・銅/copper
・正麩糊(小麦粉澱粉)/japanese paste




DSC03304
もう一年以上前のことです。
月日荘さんで華雪さんの作品を求めた時、既に表具のイメージは湧いていました。

裂地は、墨色。
縦に交わる白い二本の細い筋。
軸先は、杉材に墨を塗布し木肌を残す。

自身の表具は後回しにしていた為、最近ようやく仕立てることができました。
魅力的な作品に出会うと、創造性が豊かになります。
DSC03299
DSC03314
DSC03297
DSC03306
DSC03305
DSC03300
DSC03310
DSC03313DSC03309
DSC03295




DSC01412
彫刻家のご依頼で製作しました。
本格的な襖や屏風・額装と同じ構造の組子下地で仕立てた金箔の額装です。
側面も同じ金箔紙で施すことで、立方体として成り立ち、死角のないアートワークにしています。
DSC01413
DSC01417DSC01418
DSC01419DSC01423
DSC01426
DSC01424
DSC01425




DSC00309
作/曽我量深
書/開神悦體
形式/二段表具

臙脂と深緑の相性の良さ。
DSC09952
DSC09940
DSC09941
DSC09941
DSC09945
DSC09946
DSC09948




DSC00185
お茶の先生にご依頼頂いた風呂先屏風です。

若草色をメインに柔らかい印象の屏風にして欲しいというリクエスト。
私は屏風下地から製作するので、お茶室の寸法に合わせて幅や高さを細かく割り出し、丁度のサイズでお仕立てしました。

風呂先屏風は茶の湯に使用する道具なので、簡素の美をテーマに使用する材料もシンプルにしています。

仕事は、思考を止めないことで見えてくるものがあるような気がします。
DSC00168
DSC00169
DSC00193
DSC00183
DSC00194
DSC00196
DSC00189
DSC00174
DSC00176
DSC00178




4A5CA26D-BFB8-4097-A96E-B444AFCCCEDC
一目惚れした神保さんの短冊。

美濃和紙の特性を活かし、小さなフォーマットに落とし込む創造性にやられてしまいました。

低濃度をテーマにつづまやかな短冊掛けに表具しました。

作品を引き立てる為、一点一点テーマを掲げることを大切にしています。
E1734522-CAD8-4784-B4A5-B3CC2427B4007952F8F9-504A-4AEB-BF4F-0CE1FE84CB31
48A3E5F4-6C97-4C77-AA79-03B8D73FD470
0DD8740F-F13E-49B9-9869-6E51DA778723
218F5BA8-5A66-47DF-9C28-D42A22B59EF7AF151230-D9EA-43F0-8A3A-E30D23CFAC53
4DD6E23F-D3E6-47D8-8B94-55A7D6083B91




DSC09911
DSC09899
作/中村淳子
下地/本格組子下地(白木の杉材)
※数種類の和紙を何層も張り重ねて下地を形成しています
DSC09903
DSC09902
DSC09906
DSC09901
DSC09909
DSC09912




DSC09897
中村先生の創造には、幾重にも積み重ねた試行錯誤の裏付けがある。
その姿勢は、意欲そのもの。
DSC09886
作/中村淳子
下地/本格組子下地(白木の杉材)
※数種類の和紙を何層も張り重ねて下地を形成しています
DSC09889
DSC09890
DSC09891
DSC09892
DSC09893
DSC09898
DSC09895




DSC09628
作/大橋翠石
書/鼠図
形式/二段表具

鼠色を主に。
DSC09632
DSC09630
DSC09636
DSC09629
DSC09643
DSC09638
DSC09634




DSC08920
修繕費もご依頼主によって予算は様々です。
重要文化財等を専門に扱う機関であれば潤沢な修繕プランを立てることが可能ですが、一般的にはそうはいきません。
限られた予算の中で、然るべき修繕と表具をする事が私にできる事です。
どうぞ気軽な気持ちでご相談ください。
DSC09475
書/墨蹟
形式/丸表具(横物)
軸先/サクラ材
DSC08922
DSC08924DSC08921
▲before




DSC09479
DSC09477
DSC09478
▲after




DSC09470
作/はる(書道家)
書/木龍

DSC09468
DSC09469




DSC09467
作/はる(書道家)
書/美脳
DSC09464
DSC09465




DSC09078
絵/燕と藤
形式/創作表具

藤の花を表具で表しています。
足元は軽やかなイメージでサクラ材の軸先。
DSC09098
DSC09080
DSC09082
DSC09088
DSC09087
DSC090810001




DSC08467
DSC08468
DSC08466
DSC08474
DSC08465
DSC08469
DSC084640001

DSC08698
作/吉村美瑤
書/いろは歌

いにしえから今日までこの国に在り続けている
『いろはにほへと ちりぬるを』

桜の花は儚く、
散る時は春の風に吹かれゆらゆらと漂う

吉村さんの書から伝わる情景です。
DSC08699
DSC08704
DSC08705
DSC08702




DSC08720
書家/吉村美瑤 作品/海

母なる海
生命の起源
どこまでも深い
優しく包み込んでくれる

そんな思いが込められた作品です。
DSC08725
DSC08727
DSC08726
DSC08724
DSC08731
DSC08730



97F26A5D-D125-48EC-928F-28BA931F4256
作家/はる(書道家) 作品/Mori Bito(守人)

鳥の様に見える中央の書は、守人と書いてあります。
はるさんの創造力にいつも感動させられます。
7772006D-5EFD-45C6-858E-D7235065F0EE
4ACCC242-1110-4F1D-BB0F-7BA23F119582
39D7CBFB-C693-45E0-998B-CCEE0F0CDE57
880E9FF8-EC30-463A-AB74-35E73C6E3B74




6DB44DA3-1735-4A28-A286-E08C4E03CB50
その人らしさを表具で表せれるように心がけています。
6DAFE9F3-0A17-4AE4-93F7-B7E6C67B13DC
388ABECD-6D01-4981-B3C5-3D8C75227F31
410727BF-9378-44A7-B03D-B352E5E53D8E
173DE2F7-5328-42E8-81FC-954977CE47E8




DSC044870001
DSC04493DSC04485
DSC04497
DSC04494




DSC03128
作家/はる(書道家) 作品/真

いつも思う、先ずは真っすぐ向き合ってみること。
DSC03130
DSC03131




DSC03127
作家/はる(書道家) 作品/生きる

優しく柔らかい表情の中に、秘めたる力強さが宿っている。
DSC03018
DSC03125





F7C0D721-D985-4CFE-A2FD-92E227F9FF70
二種の金銀細工和紙を構成して額装にしています。
向かって右側は金銀砂子で、左側は銀細工(水切) です。




DSC02294
意味を調べてみると、『文字が記してなく白く残っている部分』
書道家のはるさんのオーダーで仕立てた額装ですが、言葉の意味と作品が調和しています。

作家さんにとっては、憤りを感じてしまう時世ですが、作品(書)がより生かされるための意味のある空白の時間(余白)であってほしいと切に願います。




DSC03314
【WAKA・武者】
 作品:若武者と鯉のぼり(友禅和紙)
 裂地:西陣織(古代風正絹)※無地部2色共に
 軸先:青磁
 収納:高級二重上桐箱(加州塗り箱・タトウ箱・美術品用防虫香付き) 
 ※高級桐箱(タトウ箱・美術品用防虫香付き)に変更可

 本紙サイズ【巾:47㎝ × 高さ:63㎝】
 掛軸サイズ【巾:73㎝ × 高さ:170㎝】※軸先含む

お問合せはこちら▼
info@shogetsudo-hyoso.jp




DSC00447
『にちにちこれこうじつ』 毎日が良き日でありますように。
有名ではありますが、僕が好きな禅語の一つで、お茶の席で扱われる掛軸にこの言葉をよく見かけますね。
慎ましく清らかで、温もりを感じる茶の湯に重宝されるのがよく分かります。
DSC00448
DSC00450
DSC00451
DSC00452
DSC00454
DSC00455
DSC00456
DSC00458
DSC00453




DSC01632

元々シミが酷く、欠損もあり甚だしい状態の色紙を修繕し掛軸へとリノベーションしています。僕の所有していた絵で一目で夏の風情が伝わるお気に入りの一品です。

表具は、絵の中にある配色のみを使用し、掛軸としての統一感を意識しながら作品(絵)に自然と目が行くように工夫しています。
DSC03063
DSC03062
▲before
DSC01633
▲after
DSC01638
DSC01637
DSC01634DSC01639
DSC01635
DSC01636




IMG_6486
10月は、娘の誕生月。
娘が生まれた日に娘の名前を僕が書しました。
お食い初めの日までに仕上がるように、生まれる前から表具のデザインを考え、生まれた日から表装を開始。 表具のメインテーマは秋桜で、そこへ娘の名前と願いを込めたもう一つのテーマをディテールで表現しています。

この掛軸は、父から娘への最初のプレゼントです。




DSC06531
『 一輪明月照禅心 』
※解釈 暗闇を照らす月の光は、 あたかも苦しみ悲しみの闇に暗む 私達の心を明るく照らす一筋の光明、 慈悲の心に 例えられます。 禅心とは、静まりかえった心の様子、 坐禅の心とも言えましょう。

心の闇を優しく照らす月明かりをイメージし、表具にしました。
DSC06530
DSC06533
DSC06534
DSC06535
DSC06536
DSC06537
DSC06538
DSC06540
DSC06541
ご依頼主・東京都




DSC06519
『 美よし野の山のしら雪積らしふるさと寒くなりまさる也里 』
※解釈 吉野の山では今ごろ白雪が積もっているのだろう、古都(奈良の都)でも寒さが増している、という歌。

吉野の山へ深々と雪が降り積もる様子をイメージし、表具で表現しました。
DSC06518
DSC06522
DSC06521
DSC06526
DSC06525
DSC06524
DSC06529
DSC06542
ご依頼主・東京都




DSC03065
もともと古い屏風に張ってあった色紙です。本紙(色紙)の状態は、経年劣化が甚だしいものでした。
先ずは、本紙の修繕を施してから色紙を掛軸へと表装しました。

さて、この掛軸は、表創(HYO-SOU)というコンセプトで仕立てています。
表具を創造する、、いわゆる古典的な形式に囚われない自由な発想を重要視しています。

近年、その類いの掛軸を見かけるようになっては来ていますが、僕にはある違和感があります。

黒を基調としたモダンでおしゃれな掛軸・・・
巧みな技を凝らした工芸品のような掛軸・・・
斬新なデザインの目を引くような掛軸・・・
何か忘れていないでしょうか、、、

表具の美は、本紙(作品)をさり気なく引き立てることであり、本紙の内容・意味・想いを理解してこそなのです。
だから僕の表創(HYO-SOU)には、頭から足の先・寸法の数字にまで、全て意味があります。
意味がなければならないのです。
その上で格好良いものを創るのです。
DSC07207

DSC06323

DSC06324
DSC06327
DSC06329
DSC06341DSC07208
DSC06342
DSC06332
DSC06331
DSC06330




この掛軸には、ご依頼主のとても温かい想いが込められています。
その想いに応えられるよう、僕も精一杯の気持ちを注ぎました。
表具への細かな拘りはもちろん、表具のデザイン・色味にも深いメッセージがあるんです。
すごくすごく説明したいけれど、僕とご依頼主だけのシークレットです、、、

時や場所、さらには国を越えて、愛のある作品に出会えるのが僕の仕事。
表具師で良かったと思える瞬間です。
DSC05329
DSC05788
DSC05792
DSC05794




DSC05773
仏事は故人を偲ぶものであり、その上で掛軸は重要な役割を果たしています。
この書(佛心)は、特別な思いが込められており、その想いに応えることが僕の役割です。
ご依頼主は、故人のお人柄から華やかなで笑顔があり楽しく温かみのある仏事にしたい、と仰っていました。表装もそんなイメージが良いというリクエストです。

そうかぁ、、僕はハッとしました。
仏表装の概念に縛られていた自分がいました。
概念を取り払うことは、時に画期的なアイディアを生むことができるのだと改めて気付かされました。
ご依頼主の柔軟な思考と思いやりに感服しました。
DSC05778
DSC05775
DSC05776
DSC05777DSC05781
DSC05779




DSC05046

『金屏風を掛ける、空間に美を添える』

玄関サイズのミニ額装です。
仕様は、本格金屏風と同じクオリティです。
なぜなら金箔紙以外の材料は、ほぼ金屏風製作で出た廃材を使用しているからです。
よくあるパネルの額とは、似て非なるものです。
DSC05048
DSC05047
DSC05045
【金箔・GAKUSO】
 表面:金箔紙(特殊着色加工)
 裏面:本鳥の子和紙(無地:茶系)
 下地:(白)杉材組子下地(和紙重ね張り本格仕上げ)
 受張:手漉き和紙(純楮)

 サイズ【W47㎝ × H25㎝ × D2㎝】

 お問合せはこちら▼
 info@shogetsudo-hyoso.jp




DSC04677
ご依頼主のイメージと予算を考慮し、この『 書 』を最大限引き立てる表具をしました。
実際にみるとよく分かるのですが、表具の黒は、墨(書)の黒よりもワントーン落とした色味です。
これは、ミニマルでモノクロなデザイン表具から、自然に『 書 』を浮かび上がらせることにより、立体感と作品の主張を補っています。
また、写真では分かりづらいですが、本紙には、薄緑色の細い(3厘)の筋廻しを施しています。
本紙と表具の間に細い隙間を開けることで、無機質な表具の緊張感を和らげているのです。
DSC04678
DSC04679
DSC04680
DSC04681
軸先は、清水焼(鉄砂流)




以前にご紹介した(6月26日blog)お雛様の刺繍。
刺繍が趣味のおばあちゃんが、娘孫に送る為にご依頼されたものです。
とっても可愛らしい作品ですので、そのイメージを受けて一般的な表装形式ではなく、
デザイン表具で仕立てました。
テーマは、作品がふんわりと花が咲くような感じです。
DSC04933DSC04943
DSC04934
DSC04936
DSC04937
DSC04938
DSC04940
DSC04939





松月堂でデザインする表創(HYO‐SOU)には、
『本紙から受けた・ご依頼主から受けた』ことをテーマに
意味と思いを込めてお仕立てしています。

なんとなくお洒落だから、斬新だから、という安易な感覚では表創しません。

あくまで表具は、本紙を引き立てる脇役に過ぎません。
DSC04335
DSC04336
DSC04341
DSC04337
DSC04340
DSC04343
デザイン表具(表創 HYO‐SOU)
ご依頼主:岐阜県各務原市



 

松月堂でデザインする表創(HYO‐SOU)には、
『本紙から受けた・ご依頼主から受けた』ことをテーマに
意味と思いを込めてお仕立てしています。

なんとなくお洒落だから、斬新だから、という安易な感覚では表創しません。

あくまで表具は、本紙を引き立てる脇役に過ぎません。
DSC04329
DSC04330
DSC04331
DSC04332
DSC04334
デザイン表具(表創 HYO‐SOU)
ご依頼主:岐阜県各務原市




はくうんおのずからきょらいす
松山萬密(妙心寺派第27代管長)書

『青山元不動(せいざんもとふどう)』とセットで使用される禅語です。
青山という本体は不動であるが、白雲が去来することによって時々刻々相貌を変えていき、さらに趣を増すこともある。自分は泰然としていて、かつ変化してやまない。

この言葉が似あう人に憧れます。
DSC03730
DSC03731
DSC03732
DSC03733
DSC03734
DSC03738
お問い合わせ → info@shogetsudo-hyoso.jp





DSC03331DSC03329
DSC03337
DSC033360001
DSC03334
DSC03335
DSC03339
DSC03338
Hina・JIKU】にインスパイアされた【WAKA・武者】は、端午の節句にお似合い
【WAKA・武者】が強く、たくましく育つ男の子を優しく見守ってくれます

Hina・JIKU】と比べ、表具の柱を太くすることによりたくましさをイメージし、色味は藍色で日本男児らしさを演出しました
本紙筋廻しと掛軸の覆輪(両サイド)は3厘(約1mm)と極細仕立てです
軸先は、誠実で爽やかな色味の青磁を使用

とにくデザイン・仕様にはとことん拘って表装しました

息子を想う、父の力作です
DSC03263
DSC03322
【WAKA・武者】
 作品:若武者と鯉のぼり(友禅和紙)
 裂地:西陣織(古代風正絹)※無地部2色共に
 軸先:青磁
 収納:高級二重上桐箱(加州塗り箱・タトウ箱・美術品用防虫香付き) 
 ※高級桐箱(タトウ箱・美術品用防虫香付き)に変更可

 本紙サイズ【巾:47㎝ × 高さ:63㎝】
 掛軸サイズ【巾:73㎝ × 高さ:170㎝】※軸先含む

お問合せはこちら▼
info@shogetsudo-hyoso.jp




DSC03219
DSC03173DSC03174
DSC03186
DSC03183
DSC03185
DSC03184
DSC03198
DSC03196
本紙(作品)のイメージをデザイン表具で表現しました
使用する裂地の色味・柄はもちろん、軸先にもこだわりました

 【Hina・JIKU】が桃の節句を華やかな空間にしてくれます
初節句を祝う女の子へ『一生モノの贈り物』を

掛軸は大切に扱えば、一代を見守ってくれます
でも、そこには『本物』の技術が不可欠

松月堂・四代目表具師が全工程手作業で心を込めてお仕立てしています
DSC03155
【Hina・JIKU】
 作品:立雛(友禅和紙)
 裂地:西陣織(武田菱)※アクセント部
 軸先:朱塗り蒔絵唐草
 収納:高級二重上桐箱(加州塗り箱・タトウ箱・美術品用防虫香付き) 
 ※高級桐箱(タトウ箱・美術品用防虫香付き)に変更可

 本紙サイズ【巾:46㎝ × 高さ:64㎝】
 掛軸サイズ【巾:65㎝ × 高さ:158㎝】※軸先含む

お問合せはこちら▼
info@shogetsudo-hyoso.jp




↑このページのトップヘ