カテゴリ: 巡礼(軸装)

DSC02327
西国三十三ヶ所霊場の満願軸です。
このお軸は、花山院菩提寺さんのご住職が一点一点手書きで描いているのです。ご依頼主が花山院さんを訪れた際に一目惚れされたことがきっかけで、西国巡礼が始まりました。
広島県は尾道市からご来店されたご夫婦は、想像していたよりかなり若いご夫婦でしたので新鮮な驚きがありました。若い世代にも巡礼の楽しさが浸透していることをここ数年でとても実感しています。

この度、足掛け10年程で晴れて満願されたのですが、3年程前から満願になったらどこへ表装をお願いしようか悩んでおられたのは奥様で、某ご寺院にある当て紙で松月堂をお知りになり、奥様の直感で岐阜へ直接お願いしに行くことを決めていたそうです。
また、ご夫婦にとって西国の満願軸は、家宝となるものなので、どんな人に仕立てられるかが不安だったようで、「信頼できる人にお願いでき、本当に良かった」と仰っていただけました。

「あ~嬉しい、嬉しすぎる。」そのお言葉だけで、僕の職人パワーはフル充電されます。
奥様の直感に感謝申し上げます。

ご来店の方には、表装の世界・魅力を工房や掛軸をご覧いただきながら、できる限りのことを伝えたいという僕の悪い癖が出てしまうのですが、お二人とも熱心に耳を傾けてくださり、お軸を大切になさる気持ちもとても伝わりました。

お話しをしていくとご主人は、鋳物の職人さんだと分かり、僕の仕事への思いも通ずるものがあり職は違えど、多くを語らなくとも深いところで理解できている感覚になりました。職人あるあるですね。

余談にはなりますが、ご主人の父としての顔も垣間見ることができ、同じ父として凄く勉強になりました。
いつか必ず尾道へ遊びに行きます!
DSC02328
DSC02329




DSC02323
四国八十八ヶ所霊場の満願軸です。
以前2012年11月に東京からお越し頂いたご依頼主が再来店されました。
松月堂は、2016年6月に店舗(工房)のリノベーション工事をしたこともあり、外観も内装も様変わりしたので、ご依頼主は当時の記憶とかなり違っていたので驚かれていました。
現在は、なるべく目立たないように地味で渋く、隠れ家の様なスタイルが工房のコンセプトです。
なので、皆さん素通りされがちです。迷われる方、ごめんなさい。

ご依頼主は、車中泊しながら巡礼や旅をするのがお好きな方で、今回も岐阜へ立ち寄る前に京都・奈良を巡礼され、宿泊はもちろんお車だったそうです。
旅と車中泊は何だかワクワクしますね。僕も若い頃は何度か車中泊したものです。

せっかく東京からご来店頂きましたので、新しくなった工房をご覧頂きながら表装の取り合わせをいたしました。
DSC023220001




DSC01012
以前BLOGでご紹介した西国三十三ヶ所霊場の満願軸です。

先日、新幹線と在来線とバスを乗り継いで、仕上がった掛軸のお引き取りに大阪府から再来店いただきました。
ご依頼主は、非常に感性豊かなお方で、松月堂の細部にまで気づいてくださり、僕が当たり前にしていたことがご依頼主にとっては、新鮮で興味深いと仰っていただけました。

改めて気づかされることがいくつもあり、表具師としてより高みを目指したくなりました。
DSC01978
DSC01979
DSC01980
DSC01981
DSC01983
DSC01984
DSC01985
DSC01986
DSC01977
DSC01987
DSC01988
西国三十三ヶ所霊場/掛軸表装
ご依頼主/大阪府




DSC02321
西国三十三ヶ所霊場の満願軸です。
2018年10月にご来店され松月堂でお求めいただいた納経軸が、無事に満願になったということで再び愛知県からのご来店でした。
しかも有難いことに、数か月前からご来店(表装)予約もいただいており、職人の僕としては嬉しい限りです。

先日も申し上げたばかりですが、里帰りの納経軸は『おかえり』と言う親の気持ちになってしまいます。
西国旅のお話をしながら、少しずつ表装のイメージを膨らませ、観音様とご朱印にお衣装を着せるようにお見立てのご案内をするのが僕の掛軸表装の流儀です。
カタログではなく一点一点気持ちを込めて取り合わせていきます。

表装の取り合わせも一段落したタイミングでご主人が一言
「実は、二巡目を巡りたいので新しい納経軸が欲しいです。」
その気持ちは僕もよく分かります。
実際に二巡目や他の霊場をスタートされる方は多くいらっしゃいますので、『巡礼者あるある』です。
満願が近づくと嬉しさと同時にさみしさの感情が芽生えるのです。

二巡目の西国三十三ヶ所霊場は、御詠歌をいただくそうです。
「羨ましい、、、」僕も二巡目は御詠歌をいただくのが夢です。
DSC02320




DSC02305
西国三十三ヶ所霊場・満願軸です。
先日、石川県金沢市から突然のご来店でした。
元々、2018年の4月に松月堂オンラインストアよりお求めいただいた納経軸で、無事に満願になった際には、直接お願いに伺いたかったと仰っていました。
職人としてとても嬉しいお言葉です。

僕にとって満願の納経軸は、里帰りに来た子供のような存在です。
できる限りの愛情で一所懸命お仕事させていただきますね。

余談ですが、突然のご来店も大変ありがたいのですが、当方職人作業中や出張の場合が多々ございますので、できれば事前のご連絡をお勧めいたしております。

今回は、運よく応対できましたが、ご来店のお客様には、精一杯のおもてなしをしたい性分ですので、ご理解いただけますと幸いです。




DSC01930
亡き奥様と巡礼を始めたのが全ての始まりです。
それから様々なことがあり、500ヶ寺を超えるご朱印を掛軸で集められ、今も全国へ巡礼をし、お経を唱えているのです。ちなみに加藤さん(上写真中央)の唱えるお経は、お寺のご住職も驚かされるくらいの素晴らしいものなんです。また、加藤さんは人間的魅力がいっぱいのお方で、男として憧れる存在です。

↓↓中日新聞に二度掲載されました↓↓
DSC01957
DSC01960
来年の1月頃まで、一般公開しておられますのでご興味のある方は、是非伺ってみてください。
とても気さくで明るい加藤さんの貴重な巡礼のお話も聞けますよ。
今現在、何かに行き詰っている方にもおすすめです。
DSC01929
DSC01928
DSC01926
DSC01927
右側の二幅は、僕が表装させて頂いた掛軸です。
DSC01931
先日家族4人でお邪魔しました。




DSC01513
昨年末、福島県からご来店いただいた、ご依頼主Mさまがまたまた満願の百観音を携えご来店いただきました。前回は、御詠歌の百観音で今回は通常のご朱印です。元号が令和になる前に平成で百観音満願を達成されたそうです。Mさまは、巡礼に対してとても真摯で、興味深いお話しは尽きません。表具師としての指針を見直すきっかけを与えていただけました。
DSC01512
DSC01511




DSC01516
先日、神奈川県からはお母様、愛知県からは息子ご夫婦様でご来店いただきました。

今秋に行われるお父様のご法要の為に西国三十三ヶ所を参られたそうです。華厳寺様にて晴れて満願になった後に松月堂へお越しになられました。奥様は、予め弊店のホームページやBLOGをご覧いただいており、「松月堂さんへ是非お願いしたいと思っていました。」と、なんとも嬉しいお言葉を頂戴しました。
お話をしていてもお三人の仲の良さが伝わり、また、掛軸への想いやお父様への想いを強く感じました。

もう、僕の心はフルスロットルです。
楽しみに待っててくださいね。
DSC01517
DSC01519




DSC01157
いつか必ず行きたい場所の一つが出雲大社です。そんな憧れの地からのご来訪です。
満願の西国納経軸を携えお越しのご依頼主は、実はすでにお客様。松月堂で西国三十三ヶ所霊場・納経軸をお求めいただいている方です。以前、刺繍の観音様を探し求めていて辿り着いた先が弊店だったのです。お母様の為にご夫婦で参られたそうで、刺繍の観音様もお母様のことを思い、『これしかない』と決められたと仰っていました。

刺繍の観音様は、僕が知っているだけでも十数種類ありますが、ダントツで気にっているのは、写真の納経軸だけです。松月堂で販売している納経軸は、全て僕が気に入っている厳選したものだけと決めています。
そんな僕の思いが伝わることは、とても嬉しいことです。

お帰りなさい、観音様。
少しの間ですがゆっくりしていってくださいね。
DSC01158
DSC01159




DSC01012
本日、新幹線と在来線を乗り継ぎ大阪府からご来店いただきました。
大都市と比べ、公共交通機関が手薄な岐阜県関市、、、
なんとも恐縮ではございますが、ご依頼主のM様には一両編成の長良川鉄道は、逆に可愛くのどかな風景に癒されたと言っていただけました。

10年前に西国巡礼を発願し、その殆どを公共交通機関と徒歩で参られる心意気にとても感銘を受けました。また、序盤は若干スタンプラリーになりがちで願い事もされていたそうですが、何時しか願い事から感謝を伝える巡礼旅になり、華厳寺で満願をお母様と達成された時には、感動で胸がいっぱいになったと大切な思い出を語ってくださいました。

はいっ、表具師エネルギーは満タンになりました。
あとは僕に任せてください。
DSC01013
DSC01016
DSC01015




DSC00754
西国三十三ヶ所霊場・納経帳(ご朱印帳)です。
今回は、こちらを掛軸表装します。
ご依頼いただく納経帳(ご朱印帳)は、多種多様なので、納経帳の特徴(和紙の厚み・質、サイズ等)を見極め、毎度裏打ち方法を工夫しながら仕立てていきます。
DSC00755




DSC09428
松月堂の表装(裂地の取り合わせ)は、『全てお任せ』『半分お任せ』『全てご指定』で承っております。
その中でも『半分お任せ』が一番人気です。
今回の表装は、『半分お任せ』でしたので、ご依頼主の雰囲気や好みと納経軸の個性を自分なりに解釈しながら、表装裂地の取り合わせをさせていただきました。
ご依頼主には大変気に入っていただけましたので、ホッとしております。
お引き渡しの瞬間は、いつもドキドキで慣れることはないですね。
DSC09429
DSC09430
DSC09431
DSC09435
DSC09433
DSC09432
DSC09438
DSC09439
DSC09427
DSC09512
DSC09513
DSC09514
DSC09516
DSC09517
DSC09519
DSC09518
西国三十三ヶ所霊場・掛軸表装
ご依頼主:愛知県




DSC09461
表装裂地(外廻し・中廻し)と観音様をよーく見てください、、、
表具(掛軸)に一体感があると思いませんか?僕はどの表具にも必ず意味や共通点を持たせています。
一点足りともカタログで選ぶような安易な表具の取り合わせはいたしません。
DSC09462
DSC09464
DSC09465
DSC09468
DSC09469
DSC09467
DSC09471
DSC09472DSC09460
DSC09507
DSC09509
DSC09511
坂東三十三ヶ所霊場・掛軸表装
ご依頼主:神奈川県




DSC00152
四代目の僕は36歳、この御宝印譜は40歳、僕より4年多く歴史を刻んでおります。

40年という長い月日の間にお父さまが始められた西国巡礼が、いつしかご依頼主(息子さま)へと継承されたのです。
でも、それがどこかのタイミングで約束をしたのではなく、ごく自然にご依頼主が未完だった西国巡礼をお父さまの為に満願したいという思いからなんです。掛軸が出来上がった際には、お父さまにサプライズでプレゼントされるそうです。

とても温かい気持ちになります。

掛軸は、書や絵画といった作品があって成り立つものです。
あえてこの満願の御宝印譜を作品と呼ぶのであれば、『 父と子の深い絆が生んだ軌跡の賜物 』です。
だから僕は一所懸命、魂込めてこの作品と向き合い表装させていただきます。

是非、仕上がりを楽しみにしていてくださいね。
DSC00159
DSC00155
DSC00157
DSC00160
仮巻きの劣化具合が、40年の歴史を物語ります。
よくぞ、耐えてくれました、お疲れさまでした。
後は、僕に任せてください!




DSC08286
松月堂の最高級仕様の豪華な本金掛軸です。
DSC08285
DSC08287
DSC08288
DSC08289
DSC08291
DSC08296
DSC08295
DSC08294
DSC08302
右から外柱・中柱・一文字廻し、そしてその間に2本の5厘筋、正確な直線が掛軸の美しさを引き立てています。
DSC08301
八双:本金鍍金・高級透かし金具
DSC08303
軸先:本金鍍金・高級透かし金具
DSC08269
光の当たり方によって、美しい光沢感が出るのが本金正絹裂地の特徴です。
DSC08316
表装形式:真の真(最も格式のある仏表装)
DSC08314
美しい意匠の本金鍍金の透かし金軸
DSC08308
拘りの手縫い風袋です。一般的に仏表装の風袋裏は紺系の無地ですが、松月堂の風袋は贅沢に外廻しと同じ裂地を使用します。しかも裂地の柄も左右対称になる様に仕上げています。見えない細部に気を使うことが良い表具だと思っています。
DSC08317
松月堂には、妥協という言葉はありません。
DSC08324
加州塗り・高級二重箱
DSC08322
高野山奥の院・箱書き
DSC08321
DSC08319
四国八十八ヶ所霊場・掛軸表装
ご依頼主・北海道




DSC09960
見てください、感涙ものです。
百観音霊場の御詠歌を揃って拝見したのは、これが初めてです。

昨年末、県外からお越しの最後のご依頼主(Mさま)は、なんと福島県から。
「巡礼で各地へ参ることと松月堂さんへ行くことは、同じ様なことだから距離は気になりませんよ、それより実際に会って話してみたい。」
嬉しい限りです。

以前にも綴ったことがあるのですが、一つ一つの軌跡の積み重ねがやがて奇跡となり、僕のところまで各地のご朱印が来ているのです。だから表装は重責なのです。

また、昨年も数多くのご依頼主から色んなことを学びました。Mさまからも素敵なお話を伺いましたので、一部紹介させていただきます。

「西国・坂東の御詠歌は、比較的お願いし易かったのですが、秩父は苦労しました。」これは愚痴ではありません。見方を変えると、現実問題として秩父の御詠歌が無くなる可能性があるという現れなのです。霊場や御詠歌が存在するということは、それを守る必要性もあるのです。
しかしながら、それを一個人ではどうすることもできないのであれば、「御詠歌を残せる今を大切にしたい」とMさまは、仰っていました。全国各地にも御朱印できる神社仏閣も減少傾向にある為、Mさまは全国の霊場を巡り、御朱印を歴史的・文化的な資料として残しているのです。
「偉大な功績を残すことは、本来誰にでも出来るはずです。ただ皆言い訳をしてやろうとしないだけ。単純なことです。」物腰の柔らかいお人柄のMさまのその言葉は、僕の心の奥にある緩んだネジを締め直してくれました。

また一つ良い仕事ができる表具師になれたような気がします。
DSC09955
DSC09959
DSC09961
西国三十三ヶ所霊場・御詠歌
DSC09958
坂東三十三ヶ所霊場・御詠歌
DSC09956
秩父三十四ヶ所霊場・御詠歌




↑このページのトップヘ