カテゴリ: 松月堂WORKS

DSC00616
ご依頼主と何度も話し合い仕立てた額装です。
この額の装いには、ご依頼主の作品への愛が詰まっており、珠玉の一品と言っても過言ではありません。
表具も贅沢な仕様で、細部にまで徹底して拘っています。

表具師冥利に尽きる、幸せな仕事でした。
DSC00619
DSC00618
DSC00620
DSC00623
DSC00622
DSC00625
DSC00624
裏面は、正絹(シルク)で通常は本金屏風等の最高級仕様でしか使用しないものです。
DSC00615




DSC09453
『 ふくじゅかいむりょう 』と読みます。
福徳の集まることが海のように広大であるということ。 観世音菩薩の恵みが広大であることをたたえた語。
禅の言葉は、温かく、清らかで、時に人を勇気づけ幸福な気持ちにしてくれます。
DSC09454
DSC09455
DSC09456
DSC09457
DSC09458
DSC09459
DSC09452
書:東海亮道(景久山 永昌寺・住職)/福聚海無量
ご依頼主:岐阜県




DSC09117
松月堂オリジナルの色紙掛けです。
ネット上で販売されている既製品とは、一線を画しています。
一つ一つ丁寧に手仕事で仕立てています。
ご要望(デザイン・色味・サイズ・用途)に合わせて一点ものでお仕立てします。DSC09118
DSC09123
DSC09124
DSC09125
DSC09120
DSC09121
DSC09122




DSC09109
松月堂オリジナルの色紙掛けです。
ネット上で販売されている既製品とは、一線を画しています。
一つ一つ丁寧に手仕事で仕立てています。
ご要望(デザイン・色味・サイズ・用途)に合わせて一点ものでお仕立てします。
DSC09111
DSC09112
DSC09113
DSC09114
DSC09116
DSC09115




十句観音経と色彩豊かに描かれている表情も優しい観音様にうっとり。

ご依頼主にとって非常に思い入れのある写仏絵でしたので、僕もそれに負けないくらいの愛情を注ぎました。

DSC08058
DSC08059
▲表装前




DSC08871
DSC08876
DSC08872
DSC08873
DSC08875DSC08870
ご依頼主:千葉県




DSC08275

マクリ(本紙のみ)の状態のお不動さん。
新調のご依頼ではあるけれど、シワ・折れ・破れ・欠損部あり、本紙は薄く儚く、、、しかも下紙にしてあった和紙が顔料でこびり付いて簡単には剥がせない状況でした。
先ずは、修繕と同じように本紙を隅から隅まで状態をチェックし、裏打ちを的確に行うためのプランを用意してから作業へ臨みました。

DSC07488
DSC07485
DSC07486
下紙の和紙が、顔料によってこびり付いている状態
DSC07489
多数のシワ・折れがあります
DSC07490
DSC07491
▲before
DSC08276
DSC08277
DSC08278
DSC08281
DSC08282
DSC08327
DSC08326
お不動さんの朱色に合わせて朱塗りの軸先を使用しました
DSC08328
▲after

ご依頼主:某ご寺院様




DSC08044
松月堂オリジナルの色紙掛けです。
ネット上で販売されている既製品とは、一線を画しています。
ご依頼主のご要望(デザイン・色味・サイズ・用途)に合わせてお仕立てします。
DSC08046
DSC08047




DSC08207
歌川広重の東海道五十三次を絵巻(巻子)で巡る。
しかも、原寸大で。
こんなワクワクする発想からプロジェクトが始まりました。

※このプロジェクトは、トッパン・フォームズ株式会社株式会社イーアートが発信元です。松月堂は、絵巻の巻子表装部門を担当させていただきました。

みなさん、原寸大で複製することがどれほどの大きな価値があり、意義があり、そして信頼関係(トッパン・フォームズ㈱、㈱イーアートとボストン美術館)の構築の証であるかは、以下をご覧ください。歴史的なことなのです。
クリック → http://www.toppan-f.co.jp/news/2018/0301.html

数年の歳月を経て、最新鋭のデジタル印刷技術を駆使し、何度も色彩校正のチェックをし、原画を忠実に再現されている55枚の作品は、表具師の僕が見ても圧巻です。
特に、歌川広重独特の青(blue)は、非常に鮮やかで思わず引き込まれてしまいます。

「東海道五十三次」の旅を絵巻(巻子)で、是非どうぞ!

YouTubeにて、メイキング映像公開中です!※配信元は、トッパン・フォームズ株式会社です
ショートVer. → https://www.youtube.com/watch?v=UmCxenvszkc
ロングVer. → https://www.youtube.com/watch?v=ky4fwnU7bzg&t=8s

企画制作
トッパン・フォームズ株式会社
〒105-8311 東京都港区東新橋1-7-3
03-6253-9273
       
発行者
株式会社イーアート
〒104-0053 東京都中央区晴海1丁目8-5-1906
03-3532-7473
mail:hayano@e-art.ne.jp
DSC08222
DSC08223
DSC08228
DSC08226
表紙の見返しは、松月堂オリジナルの金砂子紙と金箔筋仕上げ
DSC08227
軸先は、高級な本紫檀
DSC08229DSC08215
上下巻セットの二巻一対です
DSC08211
桐箱にも拘っています
DSC08216
上蓋の縁は、重厚感のある面取り仕上げ
DSC08219
DSC08217
寸分の狂いも無い精巧な作りの印籠蓋仕様です。
使い始めは、開けづらいですが精度の高い証拠で、密閉性も抜群です。
質の高い桐箱は、大事な作品を守るために重要な役割を果たします。
DSC08233
付属品はとても豪華で、非常に分かり易い解説書付き、日本語と英語(English)の両方で解説しています。
この解説書だけで商品になるくらいのボリューム感です。必読です!
DSC08234
DSC08235
DSC08242
DSC08240
DSC08236
DSC08237
DSC08238
DSC08239




DSC07260
訓民正音とは、李氏朝鮮の第4代国王の世宗(セジョン)が制定した文字体系ハングルの古称です。
当時、文字の読み書きのできなかった民衆の為に、朝鮮語を表す言葉(訓民正音)を創り、それを民衆に広め誰もが文字を使うことが出来るようになりました。
この文字には、優れた規則性があり全て口の動きを表しているので、民衆にとって容易に覚えることができたそうです。
これをご依頼主に教えていただき、ハングル文字を見てみると本当に口の動きの文字で、目からウロコでした。これなら子供でも覚えやすいですね。
DSC07017
DSC07261
DSC07262
DSC07265
ご依頼主・岐阜県




DSC06482
玄奘は、唐代の中国の訳経僧。玄奘は戒名であり、俗名は陳褘。諡は大遍覚で、尊称は法師、三蔵など。鳩摩羅什と共に二大訳聖、あるいは真諦と不空金剛を含めて四大訳経家とも呼ばれる。
629年に陸路でインドに向かい、巡礼や仏教研究を行って645年に経典657部や仏像などを持って帰還。
※wiki参照
DSC06284
DSC06285DSC06286
表装前の本紙は、シワ・折れ・破れがあり和紙に腰がない為、安易に手で持つとあっさり破れてしまいそうな状態です。取り扱いには、細心の注意が必要です。DSC06478
DSC06479
DSC06480
DSC06481
DSC06483
DSC06548
ご依頼主:某ご寺院様




DSC06768-2
リノベーションしたお家の床の間へ、ご依頼主のお父様の書を竣工に合わせて掛軸表装してほしいというご依頼です。また、床の間の壁面は黒色で、それに合った表装をお任せでお願いしますとのリクエスト。

僕がいつも考える、表装裂地の取り合わせの優先順位は、書の持つ力や意味・内容に溶け込む表装(掛軸)であるかで、その次に掛軸を飾る空間に相応しい表装であるかなんです。

掛軸は、インテリアに媚びるのではなく、先ず本紙(作品)を引き立てることが非常に大切です。
これが表具師としての『 心得 』です。


◆表装裂地のイメージ◆
 【外廻し】は、字体の柔らかさと書の意味(家族を想う愛情)から伝わる温かい色味。
 【一文字】は、歳を重ねた男性らしさを地色が紺系の金襴。
 【本紙筋廻し】は、上記両方の色味を中和させる意図で薄緑。
 【軸先】は、外廻し・一文字の色味と相性の良い紅為。

DSC06769-2
DSC06770-2
DSC06772
DSC06773
ご依頼主・宮崎県




kokoroe
ご依頼主から頂いたお写真です






DSC06068-1
最近では、殆どが既製表装で製造されています。
安易な表装ですが、安価です。
それが悪いわけではないのですが...
僕は表具師ですので、然るべき仕立てで、ご依頼主のもとへお届けしたいと思ってしまいます。

僕が表装するときは、いつも誰かのことを想って仕立てています。
DSC06070-1
DSC06071-1




DSC04985
ご依頼主のご希望で、縁なし金屏風を製作しました。
通常使用する黒い屏風縁を無くすだけで、モダンな印象に見えます。

もちろん、ただ屏風縁を化粧してないだけの単純な仕立て方はしていません。
屏風縁が無くなるということは、屏風としての強度が劣ります。
なので、その強度を補う工夫をしています。

その工夫は、企業秘密です、、、
DSC04986




DSC05992
表具の中でも僕は、襖(ふすま)が一番好きかもしれない。
襖には、日本の文化・芸術・生活様式が凝縮されていて、襖の構造も素晴らしく作業工程も実に面白い。
ちなみにこの写真は障子ではなく、透かし襖(又は太鼓襖)と言われる歴とした襖です。

暗い部屋へ透かす柔らかな灯りが、なんとも優美。この灯りが嫌いだと言う日本人がいるなら会ってみたいものです。

襖は、灯りを通すことも臥すこともでき、部屋を間仕切りすることもでき、絵画を保存し鑑賞させることもでき、人の気配をほんのり伺うこともでき、そして扱う人の心(配慮)が試されるところが粋である。

本当の襖を知らない時代になって来ている、、
もっと多くの人に襖の持つ魅力を伝えたいっ、でも僕は焦っていない、、
こんな素晴らしいものが無くなるわけがないと言う確信があるからだ、、
そして僕が襖を守っていくからだ。




DSC05572-1
巻子(巻物)ではあるけれど、掛軸の様に扱いたい。
それが、ご依頼主のご要望です。
巻子・掛軸の『いいとこ取り』で仕立てました。
だから、製品としても両側面の細やかな工夫が詰まっています。
単に巻物風の掛軸とは一線を画しています。
DSC05574-2
DSC05580




DSC05773
仏事は故人を偲ぶものであり、その上で掛軸は重要な役割を果たしています。
この書(佛心)は、特別な思いが込められており、その想いに応えることが僕の役割です。
ご依頼主は、故人のお人柄から華やかなで笑顔があり楽しく温かみのある仏事にしたい、と仰っていました。表装もそんなイメージが良いというリクエストです。

そうかぁ、、僕はハッとしました。
仏表装の概念に縛られていた自分がいました。
概念を取り払うことは、時に画期的なアイディアを生むことができるのだと改めて気付かされました。
ご依頼主の柔軟な思考と思いやりに感服しました。
DSC05778
DSC05775
DSC05776
DSC05777DSC05781
DSC05779




↑このページのトップヘ