カテゴリ: 修繕(修理・修復)

前回の続きです。
本当にお見せしたいところは割愛しておりますが、修繕の流れをポイントでご説明します。
DSC02540
▲修繕対象となる本紙部分を解体した状態です。
ここまでには、ドライクリーニングや絵の剥落止め作業など、多くの工程を経ています。
IMG_0075
IMG_0088
▲本紙を裏返し、特注サイズの作業台の上で、何層にも重なっている裏打ち(和紙)を剥がす作業をします。
DSC02641
DSC02828
▲修繕作業を終え、裏打ちを施した状態です。
DSC02852
▲切継ぎ作業(表具のパーツを継ぐ作業)
DSC02878
▲全てを継ぎ合わせ、総裏(全体を裏打ち)した状態です。
長い時間乾燥させます。
DSC03509
▲裏返してもう一度長い時間乾燥させます。
DSC03560
▲長くて太い軸棒を取り付けています。
DSC03571
▲特注サイズの太巻き芯棒です。
修繕された本紙・掛軸を守るため、太い円周で保存管理することはとても重要なことです。
DSC03604
DSC03672
▲細かな装飾を施し、検品作業を経て完成となります。

to be continue...




その掛軸、【巾:1910㎜ × 高さ:2900㎜】につき
DSC02528
見上げるほどの特大掛軸(釈迦涅槃図・修繕)のご紹介をします。

数百年経っている掛軸は、通常サイズであっても時間を掛け調査をし、修繕プランを幾通りも考えます。
今回の釈迦涅槃図・掛軸は、かなりの時間を掛け、修繕(修理修復)作業へと入りました。

大掛かりで、神経を使う仕事をする際には、ゆっくり・マイペースをとても意識しています。
ゆっくり時間を掛け仕事をすることは、現代のビジネスの流れに相反しますが、利点が数多くあります。
例えば、
★平常心を保てる
★いろいろなアイディア・ひらめきが出てくる
★小さな綻びから大きな綻びを発見できる
★自分を何度も見つめ直すことができる
★丁寧な仕事ができる
★ご依頼品に優しくなれる
たとえば、、おっと、止まりませんのでこの辺で。

修繕においてあまり専門的な説明は、つまらないと思いますので適当に参りましょう。
DSC02508
DSC02531
DSC02525
DSC02512
DSC02510
DSC02509
状態の甚だしい掛軸には、横折れ、剥がれ、気泡、欠損部がいっぱいあります。
これを繕い直し、後世へ継承させることが私たちの仕事です。
DSC02535
鍍金の剥がれた金軸です。
これもクリーニングをし、再鍍金塗装します。

to be continue...




長期の経年劣化、絵の剥落、多数の横折れ、シワ、気泡、破れ、剥がれ、欠損、etc…
これを一つ一つ確かめ・理解する作業から修繕(修理修復)は始まります。

先ずは、掛軸と知人になり、そして友達になり、家族になるような心情で、作業は進んでいきます。
修繕が完了した掛軸をご依頼主へお引き渡しする際は、ご満足いただけるか毎度緊張しますが、それと同時にさみしい気持ちにもなります。

娘を嫁にやるような気持ちなのでしょうか、、(未だ経験はありませんが、、)
DSC02028
▲修繕前
DSC03700
▲修繕後




DSC02030
▲修繕前
DSC03689
▲修繕後




DSC02031
▲修繕前
DSC03691
▲修繕後




DSC02032
▲修繕前
DSC03693
▲修繕後




DSC02033
▲修繕前
DSC03694
▲修繕後




DSC02034
▲修繕前
DSC03695
▲修繕後




DSC02035
▲修繕前
DSC03696
▲修繕後




DSC02036
▲修繕前
DSC03697
▲修繕後




DSC03686
DSC03698
DSC03882
状態が悪かった掛軸を修繕した際には、太巻き桐箱で保管することをおすすめします。
大きな円周で掛軸を巻くことで本紙を痛めず、守ることができます。




修繕の目的は、現状維持が最重要。
シミ抜きは本紙になるべく負担を掛けないように「やんわり」と落とすことが理想です。
その為、ご依頼主には丁寧かつ慎重な説明をしております。
DSC04505
▲before
DSC04970
▲after




DSC04508
▲before
DSC04964
▲after




DSC04510
▲before
DSC04965
▲after




DSC04511
▲before
DSC04966
▲after




DSC04775
ほら、こんなにも汚れが落ちているのです。
※薄茶色は、本紙から出てきた汚れです

ご依頼主・和歌山県和歌山市




サイズは、【巾:1000㎜ × 高さ:2470㎜】と大きな掛軸です。
ゆえに修繕自体も通常サイズより高度な技術が必要です。
さらに裏面に記載されている書を剥し、元に戻す作業は、より難を要します。

、、、手前味噌ですが、良い仕事ができました。
DSC02202
▲修繕前
DSC02793
▲修繕後




DSC02200
▲修繕前
DSC02792
▲修繕後




DSC02198
▲修繕前
DSC02791
▲修繕後




DSC02790




大徳寺といえば、茶道と非常にゆかりのあるお寺です。
そして茶道といえば、茶掛け(輪補表装)です。
茶の湯の心得として、『 美 』を簡素にしつらえることが基本です。
だから茶掛けは、無駄のない洗練されたデザインなのです。
古来の日本人の美意識は、とても素晴らしい。

今回のご依頼主は、掛軸の柱部分を極力細くしてほしいというリクエスト。
柱を細くすることで浮かび上がってきたのは、本紙(墨跡)の存在感、、
こんなにも美しかったのか!と見惚れてしまいました。
DSC03138
▲修繕前
DSC04142
▲修繕後




DSC03139
▲修繕前
DSC04135
▲修繕後




DSC03140
▲修繕前
DSC04136
▲修繕後




DSC03142
▲修繕前
DSC04138
▲修繕後




DSC03141
▲修繕前
DSC04137
▲修繕後




DSC04129
DSC04130
DSC04131
DSC04132
DSC04134




先日、修繕を終えた本金屏風(井芹蘇泉:作)をご覧になるため、ご依頼主(東京都:A様)とご親戚(滋賀県:B様2名)のお三人で松月堂へお越しいただきました。

所有者はA様ですが、ご依頼の屏風の経緯をご存知なのはB様で、戦時中を逃れた貴重な屏風であったそうで、とても興味深いお話を伺うことができました。

A様と屏風が、東京と滋賀と岐阜を引き合わせてくれたことに心から感謝いたします。
お暑い中、遠方よりお越しいただき、誠にありがとうございました。

この仕事をしているとよく考えることがあります、、
私が生まれる数十年、数百年前の作品と出会うまでには、語りつくせない奇跡的なドラマがいくつも起こっているのです。
それを想像し理解しようとする心が、職人作業をする上でとても大切なことではないのかと思います。

技術を鍛錬することも大事なことですが、職人としてご依頼主との出会いはそれ以上に得難い経験であると確信しています。
DSC02927
DSC02928
DSC02933
▲修繕前




DSC04517
DSC04073
DSC04082
DSC04112
DSC04121
DSC04126
▲修繕後




IMG_4986 (3)
※ご依頼主(東京都:A様)とご親戚(滋賀県:B様2名)のお三人




DSC00629
昨年7月19日にblogで千少庵をご紹介しましたが、
今回は、少庵の子である千宗旦、つまり千利休の孫です。
千宗旦は、千家三代目で宗旦流(三千家)の祖とされる茶人。

今回のご依頼品は、掛軸から本紙部分だけ切り取られた状態。
長期の経年劣化が見受けられましたが、適切な修繕処置を行い、
次の時代へ架け橋をすることができました。
DSC00630
▲修繕前
DSC00885
▲修繕後




DSC00883
DSC00879 (1)
軸先は宗丹軸。




本紙(絵)のある屏風の修繕は、屏風そのもの(下地)よりも本紙の修繕を最優先します。
本紙を改善し、保存することが一番重要であるからです。
その為、屏風下地の状態が悪いものは、新しく仕立てます。
松月堂の屏風下地は、安易な下地でなはく保存を目的とした本格的な屏風下地です。
手間を掛け、全て手作業で一から製作していくのです。
DSC00313 (1)
▲修繕前
DSC00540 (1)
▲修繕後




DSC00319 (1)
▲修繕前
DSC00548 (1)
 ▲修繕後




DSC00316
 ▲修繕前
DSC00543
▲修繕後




DSC00318
▲修繕前
DSC00545
▲修繕後




DSC00326
▲修繕前
DSC00559
▲修繕後



 

白山権現(はくさんごんげん)は白山の山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神であり、十一面観音菩薩を本地仏とする。白山大権現、白山妙理権現とも呼ばれた。神仏分離・廃仏毀釈が行われる以前は、全国の白山権現社で祀られた。※wiki参照
DSC02887
▲修繕前
DSC03107
▲修繕後




DSC02884
▲修繕前
DSC03110
▲修繕後




DSC02883
▲修繕前
DSC03109
▲修繕後




DSC02882
▲修繕前
DSC03108
▲修繕後




DSC02881
▲修繕前
DSC03113
▲修繕後
※良好な状態で掛軸を保存するのには、太巻き桐箱は必須です



DSC03112



 

今回の過去帳の形態は、いわゆる和綴じです。
状態は、破れ・欠損・虫食い・経年汚れ・経年劣化・etc...
果たしてこんな状態のものは治るのか?
それこそ、どこへお願いすればよいのか?皆無なんじゃないでしょうか!?

私にお任せあれ!そんな悩みをガッテン解決!
2014_02030033
▲修繕前
2014_03240001
▲修繕後




2014_02030037
▲修繕前
2014_03240006
▲修繕後




2014_02030038
▲修繕前
2014_03240007
▲修繕後




2014_02030040
▲修繕前
2014_03240009
▲修繕後




2014_02030034
▲修繕前
2014_03240002
▲修繕後




2014_02030036
▲修繕前
2014_03240004
▲修繕後




2014_03240014
2014_03240015
 ご依頼品の保護・保存の為に帙(和綴じ)ケースを特注で製作しました。




小規模な修繕でも同じではございますが、やはり大掛かりな修繕作業を行う際には、
いくつもの修繕プランを時間を掛け準備していきます。
その中でもリスクが高いと想定される工程には、様々な選択肢を考えながら確実な対処法を
保険として残しておきます。
経験や勘に甘んじてはなりません。

そして精神状態を良好にし、本紙(ご依頼品)の気持ちを汲み取りながら
すぅ~っと、作業に入るようにしています。
2014_04300053
▲修繕前
2014_07110013
▲修繕後




c2014_04300052
▲修繕前
c2014_07110012
▲修繕後




2014_04300057
▲修繕前
2014_07110018
▲修繕後




2014_04300055
▲修繕前
2014_07110015
▲修繕後(欠損部を描き足すことはご法度です)




2014_04300054
▲修繕前
2014_07110014
▲修繕後




b2014_04300061
▲修繕前
b2014_07110034
▲修繕後




a2014_04300060
▲修繕前
a2014_07110032
▲修繕後




2014_04300050
▲修繕前




2014_07110020
▲修繕後




2014_07110024
修繕した掛軸を太巻き桐箱で保管することは、長期間保存する上で非常に重要な意味があります。






『喝』ほど禅旨を端的に示す言葉はなく、禅宗では本来叱咤の声で、相手が言句を差しはさむ余地を与えないために用いられた言葉だそうです。

この仕事をしているとこの言葉が身に沁みます。
2015_05300006
▲修繕前
 2015_06180007
▲修繕後




2015_05300005
 ▲修繕前
2015_06180005
▲修繕後




2015_05300004 (1)
▲修繕前
2015_06180002 (1)
▲修繕後




修繕作業は、慣れることはありません。
決して同じ状態のご依頼品はないからです。
だから、毎日新鮮な気持ちを持つことを心掛けています。
DSC00787 (1)
▲修繕前
DSC01488 (1)
▲修繕後




DSC00793 (1)
▲修繕前(右側の本紙が完全に剥がれています)
DSC01492 (1)
▲修繕後




DSC00790
▲修繕前
DSC01490
▲修繕後




DSC00797
▲修繕前
DSC01497
▲修繕後




DSC00799
▲修繕前
DSC01498
▲修繕後




DSC00801
▲修繕前
DSC01500
▲修繕後




DSC00796
▲修繕前

DSC01496
▲修繕後




DSC00804
▲修繕前
DSC01502
▲修繕後




DSC00792
▲修繕前
DSC01491
▲修繕後




いつかの続きですが、どれだけ高価な桐箱でも収納期間には限界がございます。
一年中桐箱にしまいっぱなしは良くないのです。
もちろん、年中掛けっぱなしもよくありませんよ。
DSC00888 (1)
▲before
DSC01177 (1)
▲after



DSC00889
▲before
DSC01178 (1)
▲after



 

はい、お西(本願寺派)です!
なのに、修繕前のお軸は外廻しがお西(本願寺派専用裂地)で、
中廻しがお東(大谷派専用裂地)になっていました。

ご依頼主がご存じでないのは何も問題はないですが、当時仕立てた職人さんには、喝っ!
決してあってはならぬこと。

※ちなみに両側の親鸞聖人・蓮如上人は、予算の都合で一般用仏裂地です
DSC02493
▲修繕前
DSC02681
▲修繕後




DSC02494
▲修繕前
DSC02682
▲修繕後




DSC02497
▲修繕前
DSC02686
▲修繕後




DSC02498
▲修繕前
DSC02687
▲修繕後

裏面の再現もとても重要な意味があります




染み抜きのご案内をする際には、
期待値の5割程しか染み抜きの改善は見込めないとお伝えしています。
それは、正直やってみないと本紙の特徴を細部まで把握することができないからです。
机上の空論とはよく言ったものです。
DSC02194
▲before
DSC02564
▲after




DSC02195
▲before
DSC02568
▲after




DSC02196
▲before
DSC02571
▲after




どうですか?
期待値の5割は超えているでしょうか?




温厚で高潔な人柄と、占領地での軍政・指導能力は高く、名将という評価を受けている。
その人柄、エピソードは今日でも旧占領国の現地住民だけでなく、敵国であった連合国側からも称えられている(ウィキペディア参照)

背筋がピンとなり、気を引き締める思いで、修繕させていただきました。
DSC00996
▲修繕前
DSC01254
▲修繕後




DSC00997
▲修繕前
DSC01255
▲修繕後




DSC00999
▲修繕前
DSC01257
▲修繕後




DSC00995
▲修繕前
DSC01253
▲修繕後




DSC02205
上の写真は、まだ表装されていない状態の家系図です。
決して良好な現状とは言えません、、、
家系図はご依頼主の過去と未来を繋ぐ貴重な資料です。
言わば、家族のリレーなのです。
任せてくださいっ、私がその襷(たすき)となりましょう!
DSC02206
▲修繕前
DSC02486
▲修繕後




DSC02208
▲修繕前
DSC02487
▲修繕後




DSC02209
▲修繕前
DSC02488
▲修繕後




DSC02210
▲修繕前
DSC02490
▲修繕後




DSC02211
▲修繕前
DSC02491
▲修繕後




DSC02485




色紙の染み抜きには色紙なりの手法がある、、、
高度な技術が必要ですが、逆算するような思考で修繕プランを立てればリスクなく
染み抜き処置を行うことができるのです。
DSC00192
▲before
DSC00336
▲after




DSC00191
▲before
DSC00332
▲after




見た瞬間、目を背けたくなるくらい迫力のある地獄図。
しかしながら、その迫力に怯むことなく向き合わなければならぬ本紙の状態。

某ご寺院様ご依頼の掛軸(地獄図)の状態は、横折れが甚だしく以前の修繕痕には無意味な箇所への折れ伏せが多数してあった為、先ずその除去作業に追われることとなりました。
その後、適切な箇所への折れ伏せ処置をして、横折れが甚だしい掛軸には絶対条件である太巻き桐箱へ納めお引き渡しとなりました。
2014_02030011
▲修繕前
2014_03240039
▲修繕後




2014_02030012
▲修繕前
2014_03240040
▲修繕後




2014_02030013
▲修繕前
2014_03240042
▲修繕後




2014_02030014
▲修繕前
2014_03240045
▲修繕後




2014_02030017
▲修繕前
2014_03240048
▲修繕後




2014_02030010
▲修繕前
2014_03240035
▲修繕後




2014_03240051
2014_03240052
▲太巻き桐箱収納




掛軸の保管には、調湿性能のある桐箱・タトウ箱へ収納することを強くおすすめします。
しかしながら、桐箱へ入れっぱなしも良くないのです。
定期的な風通しが不可欠です。
この続きは次回、、、
DSC00513
▲before
DSC00636 (1)
▲after




DSC00514
▲before
DSC00637 (1)
 ▲after




DSC00511 (1)
▲before
DSC00635 (1)
▲after



 

DSC00143
・・・諦めてしまいそうな現状
・・・それと反比例している私の心情

「今日まで大変だったね、よく頑張ったね、何とかしてあげるからね、」
そんな気持ちで向き合いました。
DSC00142
▲修繕前
DSC00290
▲修繕後




DSC00140
▲修繕前
DSC00288
▲修繕後




DSC00141
▲修繕前
DSC00289
▲修繕後




DSC00285




六曲屏風とは、六枚折りのこと
一双とは、半双が二つで1セットのこと
分かりましたか、、、? 詳しくは、Webで調べてみてくださいね。

今回ご紹介するのは、六曲屏風(一双)の修繕です。
本紙×12枚の修繕と合わせて、とても大掛かりなご依頼でした。

話し出すと私の熱意が止まりませんので、あえて詳細は説明いたしません・・・
2014_09250022
▲修繕前
2014_12220094
▲修繕後




2014_09250033
▲修繕前
2014_12220103
▲修繕後




2014_09250026
▲修繕前
2014_12220096
▲修繕後




2014_09250027
▲修繕前
2014_12220097
▲修繕後




2014_09250028
▲修繕前
2014_12220098
▲修繕後




2014_09250036
▲修繕前
2014_12220105
▲修繕後




2014_09250032
▲修繕前
2014_12220102
▲修繕後




破損している本紙(作品)は言わば、負傷した患者さんのようなものです。
しかしながら、人間と違い松月堂の患者さんは何も話してくれません、、、
どこが痛いのか、こちらから丁寧に診断をし、少しでも痛みを和らげてあげるような思いで
破損部分を修繕していきます。
2012_03310034
▲修繕前
2012_04160007
▲修繕後




2012_03310035
▲修繕前
2012_04160012
▲修繕後




2012_03310032
▲修繕前
2012_04160006
▲修繕後





↑このページのトップヘ