カテゴリ: 修繕(修理・修復)

色紙の染み抜きは、色紙を解体することが必須です。
表面から染みを部分的に抜くことは、リスクもあり仕上がりも良くありません。また、古い色紙から表面だけキレイに出来たとしても一時的なもので、古い色紙の悪影響が考えられます。簡単そうにみえますがすごく繊細で手間がかかる仕事です。

大まかな工程は以下の通りです。
①本紙(作品)の調査と撮影
②本紙表面の汚れ落とし
③本紙の剥落止め・滲み止め
④色紙の解体(本紙表面だけを薄く剥がします)
⑤本紙の染み抜き・修繕作業
⑥本紙の裏打ちと仮張り
⑦本紙を新しい色紙へと形成していきます
⑧仕上げに金で縁取りします

DSC05858
▲before
DSC06790
▲after




DSC05859
▲before
DSC06803
▲after




DSC05860
▲before
DSC06804
▲after

染み抜き/色紙
ご依頼主:滋賀県




DSC00172
本紙(作品)の状態は脆く、虫食い・欠損・破れ・横折れに加えて長期に亘って強く付いた特殊な染みがあります。ご依頼主の第一希望は、染み抜きということでしたが、本紙の状態を考慮しながら労わるように作業を進めていきました。様々な条件が重なった場合の修繕・染み抜きには、幾通りもの修繕プランを事前に用意していくことがとても重要です。
DSC00177
▲before
DSC00927
▲after




DSC00170
▲before
DSC00935
▲after




DSC00169
▲before
DSC00934
▲after




DSC00168
▲before
DSC00933
▲after




DSC00176
▲before
DSC00932
▲after




DSC00175
▲before
DSC00931
▲after




DSC00918
DSC00919
DSC00920
DSC00921
DSC00923
DSC00924DSC00925
DSC00917
DSC01008
作家:出口王仁三郎/天祥地瑞
ご依頼主:長野県




DSC09664
掛軸の修繕で行う折れ伏せ(処置)作業の風景です。
横折れや破れの甚だしい本紙(作品)を裏面から和紙で補強しているのです。折れた箇所全てに施すため、膨大な時間を要しますが、これを行うことにより損傷部分は改善され、作品を守ると同時に折れ目もなくなることで、作品本来の美しさを取り戻すことができます。
DSC09671
Instagramにて動画公開中!
 ↓ ↓
https://www.instagram.com/p/BxzvjoCDBms/




神農(しんのう)は、古代中国の伝承に登場する三皇五帝の一人で人々に医療と農耕の術を教えたという。神農大帝と尊称されていて、医薬と農業を司る神とされている。
※Wikipediaより
DSC09549
▲before
DSC09994
▲after




DSC09550
▲before
DSC09995
▲after




DSC09551
▲before
DSC09996
▲after




DSC09552
▲before
DSC09997
▲after




DSC09553
▲before
DSC09998
▲after




DSC09554
▲before
DSC09999
▲after




DSC09555
▲before
DSC00001
▲after




DSC09548
▲before
DSC09993
▲after




DSC09986
DSC09988
DSC09989
DSC09990
DSC09987
DSC00024
神農様/掛軸表装(修理修復)
ご依頼主:東京都





DSC09529
▲before
DSC00241
▲after
ご依頼主のご要望に合わせ、柱を太くし、既存の一文字廻しも修繕し再利用しております




DSC09531
▲before
DSC00243
▲before




DSC09533
▲before
DSC00245
▲after




DSC09530
▲before
DSC00242
▲after
風袋は、簡素なしつらえの和紙風袋で仕立てております




DSC09534
▲before
DSC00246
▲after




DSC09527
▲before
DSC00239
▲after




DSC00231
DSC00232
DSC00233
DSC00234
DSC00235
DSC00236
DSC00238
DSC00237
作家:千宗旦/消息
ご依頼主:岐阜県




掛軸をマニアックに嗜む方の中には、修繕適齢期とは別に表具を変えるご要望もあります。
表具を変えるとは、装いを変えることで、ご依頼主の好みに合わせてリノベーションすることです。

写真の掛軸は、中国で仕立てられたもので民芸品程度の為、材料は粗悪で製品としても良質とは言い難いものです。また、表具も作品の良さが出ていないということで、ご依頼いただきました。
DSC09539
▲before
DSC00215
▲after
もちろん、掛軸のリノベーションと同時に良品な仕立ても施しております。




DSC09541
▲before
DSC00221
▲after




DSC00216DSC00217
DSC00218
DSC00219
DSC00220
DSC00222
DSC00283
中国山水/掛軸表装
ご依頼主:埼玉県




DSC09128
この写真は、ご依頼品を預かった際の状態です。
おそらくこの状態が改善されるイメージが湧かない人が大多数と思われます。
それとは裏腹に、僕には明確なイメージが湧いていました。
もちろん最善を尽くす為に、時間をかけて幾通りの修繕プランを用意します。そして、工程が進むごとに都度最良のプランを選び修繕しています。
DSC09130
本紙はバラバラかつ脆いので、取り扱いはとてもデリケートです。
既存のパーツ(本紙)は、全て生かします。
DSC09131
DSC09132
DSC09133
額装の土台にある本紙も下記写真の様に解体(取り外し)していきます。
非常に繊細な作業が続きます。
DSC09134
DSC09135
バラバラになっていたメインの本紙を元の配置へと仮合わせしています。
※後ほど一旦ばらし、修繕作業・補強作業を施したら裏打ちをします
DSC09885
修繕を終えた本紙は、この通り良好な状態へと変貌を遂げました。
元々欠損していた部分は、既存の本紙の色味の中で一番薄い色味よりもワントーン薄い色味で補紙しています。これは作為的に行ったのですが、話すと長くなりますので割愛します。
DSC09886
DSC09887
DSC09888
DSC09903
DSC09904
書:小松宮彰仁親王(日本赤十字社総裁)・額装修繕(修理修復)
ご依頼主:岐阜県




三尾呉石作の虎之図(猛虎愛児)の掛軸です。
この作品を拝見した瞬間、ほっこり温かい気持ちになりました。
僕も子を持つ父なので、この親子の虎を見るたび「大丈夫だよ、守ってあげるからね。」と思いながら仕事をさせていただきました。
DSC08902
▲before
DSC09491
▲after




DSC08904
▲before
DSC09492
▲after




DSC08905
▲before
DSC09493
▲after




DSC08907
▲before
DSC09494
▲after




DSC08909
▲before
DSC09496
▲after




DSC08910
▲before
DSC09497
▲after




DSC08911
▲before
DSC09498
▲after




DSC08912
▲before
DSC09499
▲after




DSC08913
▲before
DSC09500
▲after




DSC08908
▲before
DSC09495
▲after




DSC08901
▲before
DSC09490
▲after




DSC09483
DSC09484
DSC09485
DSC09486
DSC09487
DSC09488
DSC09489
DSC09482
作家:三尾呉石/猛虎愛児
ご依頼主:福島県




DSC00279
現在修繕中の某ご寺院様ご依頼の襖絵です。
写真は一枚(本)ですが、四本立の続き絵でサイズは、一枚巾:約三尺七寸五分(1136㎜)の大物です。
いわゆる二間半という規格サイズです。
劣悪な状態の襖絵ですが、修繕プランを幾通りも用意し、盤石の体制で臨んでいます。
DSC00280




簡素なしつらえの中にある美意識ともてなし。
それが茶の湯の心です。
お茶の席で扱う茶掛けと呼ばれる掛軸にも随所に簡素な美があります。

今回注目していただきたいのは、風帯です。一般的な掛軸の風帯は、正絹裂地の帯を手縫いし垂らしますが、茶掛けの場合は、和紙で施した付け風帯で仕立てることが多々あります。派手さはないですが、贅を排除したデザインがシンプルで格好良くみえます。
DSC08813
▲before
DSC09080
▲after




DSC08816
▲before
DSC09084
▲after




DSC08814
▲before
DSC09081
▲after
※和紙の付け風帯




DSC08815
▲before
DSC09082
▲after




DSC08808
▲before
DSC09079
▲after




DSC09070
DSC09071
DSC09072
DSC09073
DSC09075
DSC09076
DSC09078
作家:千宗旦/消息
ご依頼主:岐阜県




染み抜き作業の結果は、ご依頼主のご希望を下回ることもございます。
何故なら、人間のご病気と同じで決して同じ染みは存在しないので、結果にはそれぞれ誤差が生じるからです。
『いつ・どこで・どのような』条件や環境により染みになったかを想像し、見極めなければなりません。
そして、作品を守ることが最優先ですので、無理な染み抜きも控える必要がございます。

その意味で、結果が下回ることは、作品の現状維持としては良好なことであるとご理解いただけると幸いです。
※因みに今回ご依頼のお軸は、最良の染み抜き結果を得ております
DSC07890
▲before
DSC08854
▲after




DSC07891
▲before
DSC08856
▲after




DSC07893
▲before
DSC08860
▲after




DSC07894
▲before
DSC08868
▲after




DSC07895
▲before
DSC08862
▲after




DSC07892
▲before
DSC08858
▲after




DSC07887
▲before
DSC08853
▲after




DSC08845
DSC08846
DSC08847
DSC08848
DSC08850
DSC08851
DSC08852
DSC08859
作家:出口王仁三郎/達磨
ご依頼主:長野県




DSC07259
▲before

掛軸の上部裏面には、内容が一目で分かるように作家名やタイトルが書で記載されていることがあります。

この部分は、作品の次に大切な部分であり、当時の重要な情報源になり得ることもあるので、修繕の際には本紙(作品)同様の処置を施し、元の位置に張り込みます。

当たり前にやっていることなのですが、ご依頼主にはとても喜んでいただけます。

DSC08351
▲after




カビ染み、虫食いになる原因の一つは、収納するタイミングにあります。
掛軸は、和紙、布、木材で成り立っているので、高湿度の時は水分を含み、低湿度の時は水分を放出します。
その為、掛軸を桐箱へ収納する際は、その季節の中でもなるべく低湿度の日(雨ではなく晴れ)に収納することをおすすめします。もちろん、桐箱には調湿機能がありますが、桐箱内の状態をより良好にする意識を持ってあげると、掛軸は喜びます。
DSC05847
▲before
DSC06698
▲after




DSC05849
▲before
DSC06701
▲after




DSC05848
▲before
DSC06699
▲after




DSC05887
▲before
DSC06702
▲after




DSC05846 (1)
▲before
DSC06696 (1)
▲after




DSC06689
DSC06690
DSC06691
DSC06692
DSC06693
DSC06695
DSC06694
作家:大塚洞外/観音菩薩
ご依頼主:滋賀県




もともと簡易的な表装がしてあった日蓮名号のお軸です。
表具の取り合わせは、ご依頼主のご要望に合わせ華やかかつギラギラしない程度の表装裂地でお仕立てしました。
DSC06279
▲before
DSC06755
▲after




DSC06281
DSC06280
▲before




DSC06754
DSC06756
DSC06757
DSC06758
DSC06760
▲after
八双金具・軸先は、ミニサイズの本金鍍金金具で化粧しました。

日蓮名号/掛軸/修繕(修理修復)
ご依頼主:神奈川県




色紙の染み抜きは、色紙を解体することが必須です。
表面から染みを部分的に抜くことは、リスクもあり仕上がりも良くありません。また、古い色紙から表面だけキレイに出来たとしても一時的なもので、古い色紙の悪影響が考えられます。簡単そうにみえますがすごく繊細で手間がかかる仕事です。

大まかな工程は以下の通りです。
①本紙(作品)の調査と撮影
②本紙表面の汚れ落とし
③本紙の剥落止め・滲み止め
④色紙の解体(本紙表面だけを薄く剥がします)
⑤本紙の染み抜き・修繕作業
⑥本紙の裏打ちと仮張り
⑦本紙を新しい色紙へと形成していきます
⑧仕上げに金で縁取りします

DSC05872 (1)
▲before
DSC06793 (1)
▲after




掛軸の修繕は、本紙の修理修復と共に表具(裂地や軸先)も新しく取り替えるのが基本です。
もちろん、本紙の時代背景や風合いによっては、真新しい裂地ではなく古びた風合いの裂地を使用します。

ですが、例外として表具を再利用したり、ご依頼主所有の裂地や軸先を使用することも昔からあるのです。
これは、表具を嗜まれるマニアックな掛軸の愉しみ方なのです。
表装裂地には、稀に名物裂と言われる裂地自体に価値があるものもあります。名物裂でなくても僕が貴重と思った裂地の場合も再利用することもあります。

しかしながら、古く朽ちている裂地を再利用するには、時に本紙以上に技術を求められることも少なくないので、最善の準備が必要です。

今回のご依頼は特殊で、一文字と風帯は再利用し、中廻しと天地はご依頼主所有の裂地で仕立て直しをしています。※ちなみに軸先もご依頼主所有のものです
DSC07528
▲before
DSC08501
▲after




DSC07530
▲before
DSC08509
▲after




DSC07532
▲before
DSC08510
▲after
ご依頼主のご要望により、一文字は既存の表装裂地を再利用しています。




DSC07535
▲before
DSC08512
▲after




DSC07536
▲before
DSC08513
▲after




DSC07710
▲before
DSC08250
▲after
ご依頼主のご要望により、風袋は既存の表装裂地を再利用しています。




DSC07534
▲before
DSC08515
▲after




DSC07529
▲before
DSC08503
▲after
ご依頼主所有の象牙の軸先です




DSC07710
▲before
DSC08250
▲after
ご依頼主のご要望により、風袋は既存の表装裂地を再利用しています。




DSC07527
▲before
DSC08498
▲after




DSC08487DSC08489
DSC08492
DSC08493
DSC08494
DSC08495
DSC08496
DSC08497
作家:千利休/消息
ご依頼主:岐阜県




今回のご依頼品には、もともと掛軸収納箱(桐箱)があったのですが、その桐箱には無数のカビ染みが斑点状に帯びていました。掛軸と桐箱のいずれから発生したのかは、定かではありませんが、保存・保管の状況が良好ではなかったことは伺えます。
よって、修繕(染み抜き)後の掛軸を収める桐箱は、今後のカビ染みの発生を防ぐことも考慮し、新調することをお勧めしました。

修繕するという行為は、ご依頼品(掛軸)単体だけではなく、それを取り巻く環境全てを整えることがとても大切です。
DSC07166
▲before
DSC08032
▲after




DSC07167
▲before
DSC08033
▲after




DSC07168
▲before
DSC08034
▲after




DSC07169
▲before
DSC08039
▲after




DSC07170
▲before
DSC08040
▲after




DSC07171
▲before
DSC08042
▲after




DSC07172
▲before
DSC08043
▲after




DSC07165
▲before
DSC08031
▲after




DSC08024
DSC08023
DSC08026
DSC08029
DSC08030
DSC08036
DSC08038
表具のトータルバランスから、真新しい煌びやかな本金鍍金金軸ではなく、古びた風合いのある古代色金軸を選びました。
DSC08075
作家:出口王仁三郎/観音様
ご依頼主:長野県




before→afterを見て気づく方はいらっしゃると思います。
「表具の部分は、綺麗にはなっているけど、本紙部分は...さほど...」

そうです。でもこれでいいんです!修繕に一番求められるのは、見た目ではなく中身だからです。
この考え方は、修繕の世界では、最も優先されることで、必要以上に真新しくすることは、また別の観点の話です。
その意味で、中身(本来部分)の修繕...ううん、もっと分かり易く言うと『改善』は施されていますのでご安心ください。
現状維持ありきの修繕なのです。

ですので、見た目の改善を望む場合は、先ずは、慎重に修繕プランを説明いたします
DSC06128 (1)
▲before
DSC06710 (1)
▲after




DSC06130
▲before
DSC06711
▲after




DSC06132
▲before
DSC06712
▲after




DSC06136
▲before
DSC06715
▲after




DSC06133
▲before
DSC06713
▲after




DSC06703
DSC06706
DSC06707




掛軸収納箱(桐箱)には、調湿性能があります。
だからと言って、仕舞いっぱなしは良くありません。
お家と同じで、桐箱の中も掛軸もリフレッシュ(空気の入れ換え)が不可欠です。少なくとも年に一度は、陰干しを兼ねて飾ってあげてください。そうすることで、虫喰いやカビ染み予防になります。
DSC06117 (1)
▲before
DSC06491 (1)
▲after




DSC06118
▲before
DSC06492
▲after




DSC06121
▲before
DSC06496
▲after




DSC06119
▲before
DSC06493
▲before




DSC06122
▲before
DSC06498
▲after




DSC06120
▲before
DSC06495
▲after




DSC06490
DSC06484
DSC06488
DSC06487




消息とは手紙のことです。尺牘(せきとく)とも言い、特に茶席では茶人の消息を珍重します。

ご依頼主からは、既存の雰囲気を一変させ、減り張りのある表具にしてほしいというオーダーです。
ボンヤリした茶系のイメージから先ずは、中廻しを紺系にして本紙(消息)へ自然に目が行くようにしています。天地は本紙の色味と合わせ、風帯は台張り(本紙廻りの白系の和紙部分)の色味と合わせ、軸先を黒系にすることで、表具にリズム感を持たせました。

果たしてこれが正解なのか、、、いつも自問自答していますが、ご依頼主のご要望と笑顔が僕の原動力になっています。
DSC05650
▲before
DSC06108 (1)
▲after




DSC05651
▲before
DSC06110
▲after
※一文字は、ご依頼主の意向で省いています(より簡素に仕立てる茶の湯の精神ですね)



DSC05652
▲before
DSC06111
▲after




DSC05653
▲before
DSC06112
▲after




DSC05654
▲before
DSC06113
▲after




DSC05655
▲before
DSC06114
▲after




DSC06106
DSC06107




絹本(シルク)の染み抜きは、紙本(和紙)と比べてより困難です。
動物性と植物性の違いから、作業工程も全く異なります。
下部写真のように、本紙(作品)自体の状態が甚だしいものは、特にデリケートです。
DSC05933
▲before
DSC06318
▲after




DSC05934
▲before
DSC06320
▲after




DSC05935
▲before
DSC06321
▲after




DSC06313
DSC06314
DSC06315
DSC06316
一文字は、おめでたい『福寿』です。




染み抜きをする上で重要なことは、起こりうる結果をどれだけイメージできるかです。
『 プロセスを逆算する 』とカッコいいことを言ってみる。
DSC05939
▲before
DSC06353
 ▲after




DSC05940
 
▲before
DSC06360
▲after




DSC05943
▲before
DSC06361
 ▲after




DSC05944
 
▲before
DSC06363
▲after



DSC06346
DSC06350
DSC06354




0D25D456-4269-4F3B-A599-4BB428EDC29C
年始は、修繕(修理・修復)作業に追われています。
掛軸には、3層〜5層の異なる薄い和紙が打ちつけてあり、その和紙を剥がす作業です。
急いでこなせる工程ではないので、時間が掛かります。
修繕は、手先の技術も大切ですが、一定の緊張感を維持するメンタル面もとても重要です。




↑このページのトップヘ