カテゴリ: 軸装(掛軸)

before→afterを見て気づく方はいらっしゃると思います。
「表具の部分は、綺麗にはなっているけど、本紙部分は...さほど...」

そうです。でもこれでいいんです!修繕に一番求められるのは、見た目ではなく中身だからです。
この考え方は、修繕の世界では、最も優先されることで、必要以上に真新しくすることは、また別の観点の話です。
その意味で、中身(本来部分)の修繕...ううん、もっと分かり易く言うと『改善』は施されていますのでご安心ください。
現状維持ありきの修繕なのです。

ですので、見た目の改善を望む場合は、先ずは、慎重に修繕プランを説明いたします
DSC06128 (1)
▲before
DSC06710 (1)
▲after




DSC06130
▲before
DSC06711
▲after




DSC06132
▲before
DSC06712
▲after




DSC06136
▲before
DSC06715
▲after




DSC06133
▲before
DSC06713
▲after




DSC06703
DSC06706
DSC06707




DSC07525
総裏をした掛軸を仮張りし、乾燥工程を経て最終の仕上げに入る前に掛軸の裏面へ『裏擦り』作業を施します。
この工程を入れることで、掛軸はより『しなやか』になり巻き解きのし易い掛軸になります。

工房に響き渡る数珠(裏擦り用)の音は、僕の心を良い意味で『無』にしてくれます。
この音のお陰で掛軸を仕上げる前の精神状態は、いつも良好です。

Instagramにて動画公開中!
 ↓ ↓
https://www.instagram.com/p/Bi6-yjEnRTh/?taken-by=shogetsudo_hyoso




掛軸収納箱(桐箱)には、調湿性能があります。
だからと言って、仕舞いっぱなしは良くありません。
お家と同じで、桐箱の中も掛軸もリフレッシュ(空気の入れ換え)が不可欠です。少なくとも年に一度は、陰干しを兼ねて飾ってあげてください。そうすることで、虫喰いやカビ染み予防になります。
DSC06117 (1)
▲before
DSC06491 (1)
▲after




DSC06118
▲before
DSC06492
▲after




DSC06121
▲before
DSC06496
▲after




DSC06119
▲before
DSC06493
▲before




DSC06122
▲before
DSC06498
▲after




DSC06120
▲before
DSC06495
▲after




DSC06490
DSC06484
DSC06488
DSC06487




DSC07480
松月堂で扱う桐箱は、なるべく柾目の美しいものを採用しています。また、その美しさは見た目だけでなく特徴として密閉性や強度も兼ね備えています。
寸分の狂いもない桐箱は、新しいうちは少々開け閉めが硬く感じるかも知れませんが、精度が高い証拠です。 使用していくうちに馴染み、所有者にとって扱い易くなっていきますので、安心してください。
DSC07481
上蓋と底蓋の境が分からないくらい精巧です。
DSC07483
DSC07484
非常に密閉性の高い、印籠蓋です。




消息とは手紙のことです。尺牘(せきとく)とも言い、特に茶席では茶人の消息を珍重します。

ご依頼主からは、既存の雰囲気を一変させ、減り張りのある表具にしてほしいというオーダーです。
ボンヤリした茶系のイメージから先ずは、中廻しを紺系にして本紙(消息)へ自然に目が行くようにしています。天地は本紙の色味と合わせ、風帯は台張り(本紙廻りの白系の和紙部分)の色味と合わせ、軸先を黒系にすることで、表具にリズム感を持たせました。

果たしてこれが正解なのか、、、いつも自問自答していますが、ご依頼主のご要望と笑顔が僕の原動力になっています。
DSC05650
▲before
DSC06108 (1)
▲after




DSC05651
▲before
DSC06110
▲after
※一文字は、ご依頼主の意向で省いています(より簡素に仕立てる茶の湯の精神ですね)



DSC05652
▲before
DSC06111
▲after




DSC05653
▲before
DSC06112
▲after




DSC05654
▲before
DSC06113
▲after




DSC05655
▲before
DSC06114
▲after




DSC06106
DSC06107




DSC03065
もともと古い屏風に張ってあった色紙です。本紙(色紙)の状態は、経年劣化が甚だしいものでした。
先ずは、本紙の修繕を施してから色紙を掛軸へと表装しました。

さて、この掛軸は、表創(HYO-SOU)というコンセプトで仕立てています。
表具を創造する、、いわゆる古典的な形式に囚われない自由な発想を重要視しています。

近年、その類いの掛軸を見かけるようになっては来ていますが、僕にはある違和感があります。

黒を基調としたモダンでおしゃれな掛軸・・・
巧みな技を凝らした工芸品のような掛軸・・・
斬新なデザインの目を引くような掛軸・・・
何か忘れていないでしょうか、、、

表具の美は、本紙(作品)をさり気なく引き立てることであり、本紙の内容・意味・想いを理解してこそなのです。
だから僕の表創(HYO-SOU)には、頭から足の先・寸法の数字にまで、全て意味があります。
意味がなければならないのです。
その上で格好良いものを創るのです。
DSC07207

DSC06323

DSC06324
DSC06327
DSC06329
DSC06341DSC07208
DSC06342
DSC06332
DSC06331
DSC06330




719E9FEA-6264-470B-B8E9-8774439299F5
今日は、娘のひな祭り。
数日前から自宅の掛軸専用スペースにHina・JIKUを飾っています。
イベントや季節ごとに掛軸を選んで愉しむことで、日々の暮らしが少し豊かになります。



絹本(シルク)の染み抜きは、紙本(和紙)と比べてより困難です。
動物性と植物性の違いから、作業工程も全く異なります。
下部写真のように、本紙(作品)自体の状態が甚だしいものは、特にデリケートです。
DSC05933
▲before
DSC06318
▲after




DSC05934
▲before
DSC06320
▲after




DSC05935
▲before
DSC06321
▲after




DSC06313
DSC06314
DSC06315
DSC06316
一文字は、おめでたい『福寿』です。




染み抜きをする上で重要なことは、起こりうる結果をどれだけイメージできるかです。
『 プロセスを逆算する 』とカッコいいことを言ってみる。
DSC05939
▲before
DSC06353
 ▲after




DSC05940
 
▲before
DSC06360
▲after




DSC05943
▲before
DSC06361
 ▲after




DSC05944
 
▲before
DSC06363
▲after



DSC06346
DSC06350
DSC06354




0D25D456-4269-4F3B-A599-4BB428EDC29C
年始は、修繕(修理・修復)作業に追われています。
掛軸には、3層〜5層の異なる薄い和紙が打ちつけてあり、その和紙を剥がす作業です。
急いでこなせる工程ではないので、時間が掛かります。
修繕は、手先の技術も大切ですが、一定の緊張感を維持するメンタル面もとても重要です。




この掛軸には、ご依頼主のとても温かい想いが込められています。
その想いに応えられるよう、僕も精一杯の気持ちを注ぎました。
表具への細かな拘りはもちろん、表具のデザイン・色味にも深いメッセージがあるんです。
すごくすごく説明したいけれど、僕とご依頼主だけのシークレットです、、、

時や場所、さらには国を越えて、愛のある作品に出会えるのが僕の仕事。
表具師で良かったと思える瞬間です。
DSC05329
DSC05788
DSC05792
DSC05794




DSC05328
DSC05798
DSC05801
DSC05807




DSC05744
この掛軸を眺めていると、今日は何か良いことがありそうに思えてきます。
そして漢字というものは、色んな表情があり面白いものです。

正月に相応しい作品ですね。
DSC05348
▲修繕前
DSC05749
▲修繕後




DSC05349
▲修繕前
DSC05750
▲修繕後




DSC05350
▲修繕前
DSC05751
▲修繕後




DSC05347
▲修繕前
DSC05748
▲修繕後




DSC05752
古いひな軸の多くは、版画物であり本紙は和紙ではなく洋紙の為、修繕プランも洋紙なりの処置が必要です。洋紙は、和紙や絹と違い巻グセが強く扱いもシビアです。
だから、洋紙の性質を理解し、扱い易い掛軸になるように工夫しなくてはなりません。
その工夫の一つが裏打ち和紙の選別です。
適当な裏打ち和紙を使用することで、洋紙の短所を和らげる効果があります。
僕は、この選別の時間がどうしてか好きなんです。
DSC05165
▲修繕前
DSC05755 (1)
▲修繕後




DSC05167
▲修繕前
DSC05757
▲修繕後




DSC05169
▲修繕前
DSC05758
▲修繕後




DSC05166
▲修繕前
DSC05756
▲修繕後




DSC05164
▲修繕前
DSC05755
▲修繕後




DSC05773
仏事は故人を偲ぶものであり、その上で掛軸は重要な役割を果たしています。
この書(佛心)は、特別な思いが込められており、その想いに応えることが僕の役割です。
ご依頼主は、故人のお人柄から華やかなで笑顔があり楽しく温かみのある仏事にしたい、と仰っていました。表装もそんなイメージが良いというリクエストです。

そうかぁ、、僕はハッとしました。
仏表装の概念に縛られていた自分がいました。
概念を取り払うことは、時に画期的なアイディアを生むことができるのだと改めて気付かされました。
ご依頼主の柔軟な思考と思いやりに感服しました。
DSC05778
DSC05775
DSC05776
DSC05777DSC05781
DSC05779




甚だしい状態の十六善神。
見た目以上に内部の状態は、傷んでいました。
しかしながら、本紙(十六善神)は傷みの箇所を答えてくれません。
一つ一つ傷みを読み取り修繕していく作業は根気が必要で、その時間をどれだけ平常心で乗り切れるかがとても大切なことです。
2011_04160018
▲修繕前
2011_11240024
▲修繕後

無数にあった横折れには、全ての箇所に折れ伏せ作業で処置してあります。




2011_04160030
▲修繕前
2011_11240025
▲修繕後




2011_04160029
▲修繕前
2011_11240021
▲修繕後




2011_04160027
▲修繕前
2011_11240019
▲修繕後




2011_04160022
▲修繕前
2011_11240014
▲修繕後




2011_04160015
▲修繕前
2011_11240008
▲修繕後




長期の経年劣化、絵の剥落、多数の横折れ、シワ、気泡、破れ、剥がれ、欠損、etc…
これを一つ一つ確かめ・理解する作業から修繕(修理修復)は始まります。

先ずは、掛軸と知人になり、そして友達になり、家族になるような心情で、作業は進んでいきます。
修繕が完了した掛軸をご依頼主へお引き渡しする際は、ご満足いただけるか毎度緊張しますが、それと同時にさみしい気持ちにもなります。

娘を嫁にやるような気持ちなのでしょうか、、(未だ経験はありませんが、、)
DSC02028
▲修繕前
DSC03700
▲修繕後




DSC02030
▲修繕前
DSC03689
▲修繕後




DSC02031
▲修繕前
DSC03691
▲修繕後




DSC02032
▲修繕前
DSC03693
▲修繕後




DSC02033
▲修繕前
DSC03694
▲修繕後




DSC02034
▲修繕前
DSC03695
▲修繕後




DSC02035
▲修繕前
DSC03696
▲修繕後




DSC02036
▲修繕前
DSC03697
▲修繕後




DSC03686
DSC03698
DSC03882
状態が悪かった掛軸を修繕した際には、太巻き桐箱で保管することをおすすめします。
大きな円周で掛軸を巻くことで本紙を痛めず、守ることができます。




DSC04677
ご依頼主のイメージと予算を考慮し、この『 書 』を最大限引き立てる表具をしました。
実際にみるとよく分かるのですが、表具の黒は、墨(書)の黒よりもワントーン落とした色味です。
これは、ミニマルでモノクロなデザイン表具から、自然に『 書 』を浮かび上がらせることにより、立体感と作品の主張を補っています。
また、写真では分かりづらいですが、本紙には、薄緑色の細い(3厘)の筋廻しを施しています。
本紙と表具の間に細い隙間を開けることで、無機質な表具の緊張感を和らげているのです。
DSC04678
DSC04679
DSC04680
DSC04681
軸先は、清水焼(鉄砂流)




以前にご紹介した(6月26日blog)お雛様の刺繍。
刺繍が趣味のおばあちゃんが、娘孫に送る為にご依頼されたものです。
とっても可愛らしい作品ですので、そのイメージを受けて一般的な表装形式ではなく、
デザイン表具で仕立てました。
テーマは、作品がふんわりと花が咲くような感じです。
DSC04933DSC04943
DSC04934
DSC04936
DSC04937
DSC04938
DSC04940
DSC04939





松月堂でデザインする表創(HYO‐SOU)には、
『本紙から受けた・ご依頼主から受けた』ことをテーマに
意味と思いを込めてお仕立てしています。

なんとなくお洒落だから、斬新だから、という安易な感覚では表創しません。

あくまで表具は、本紙を引き立てる脇役に過ぎません。
DSC04335
DSC04336
DSC04341
DSC04337
DSC04340
DSC04343
デザイン表具(表創 HYO‐SOU)
ご依頼主:岐阜県各務原市



 

サイズは、【巾:1000㎜ × 高さ:2470㎜】と大きな掛軸です。
ゆえに修繕自体も通常サイズより高度な技術が必要です。
さらに裏面に記載されている書を剥し、元に戻す作業は、より難を要します。

、、、手前味噌ですが、良い仕事ができました。
DSC02202
▲修繕前
DSC02793
▲修繕後




DSC02200
▲修繕前
DSC02792
▲修繕後




DSC02198
▲修繕前
DSC02791
▲修繕後




DSC02790




松月堂でデザインする表創(HYO‐SOU)には、
『本紙から受けた・ご依頼主から受けた』ことをテーマに
意味と思いを込めてお仕立てしています。

なんとなくお洒落だから、斬新だから、という安易な感覚では表創しません。

あくまで表具は、本紙を引き立てる脇役に過ぎません。
DSC04329
DSC04330
DSC04331
DSC04332
DSC04334
デザイン表具(表創 HYO‐SOU)
ご依頼主:岐阜県各務原市




大徳寺といえば、茶道と非常にゆかりのあるお寺です。
そして茶道といえば、茶掛け(輪補表装)です。
茶の湯の心得として、『 美 』を簡素にしつらえることが基本です。
だから茶掛けは、無駄のない洗練されたデザインなのです。
古来の日本人の美意識は、とても素晴らしい。

今回のご依頼主は、掛軸の柱部分を極力細くしてほしいというリクエスト。
柱を細くすることで浮かび上がってきたのは、本紙(墨跡)の存在感、、
こんなにも美しかったのか!と見惚れてしまいました。
DSC03138
▲修繕前
DSC04142
▲修繕後




DSC03139
▲修繕前
DSC04135
▲修繕後




DSC03140
▲修繕前
DSC04136
▲修繕後




DSC03142
▲修繕前
DSC04138
▲修繕後




DSC03141
▲修繕前
DSC04137
▲修繕後




DSC04129
DSC04130
DSC04131
DSC04132
DSC04134




はくうんおのずからきょらいす
松山萬密(妙心寺派第27代管長)書

『青山元不動(せいざんもとふどう)』とセットで使用される禅語です。
青山という本体は不動であるが、白雲が去来することによって時々刻々相貌を変えていき、さらに趣を増すこともある。自分は泰然としていて、かつ変化してやまない。

この言葉が似あう人に憧れます。
DSC03730
DSC03731
DSC03732
DSC03733
DSC03734
DSC03738
お問い合わせ → info@shogetsudo-hyoso.jp





↑このページのトップヘ