カテゴリ: ひとりごと

DSC05790
色々な寸法の組子下地を製作中。

目に見えない下地部分とはいえ、僅かな綻びがあるだけで表面(作品)にまで影響することもあります。

大抵の人は気にならない程度のことかも知れませんが、私にとっては気になって仕方がない。
だから、それを取り払うように手を掛けていきます。
DSC05799




DSC056330001
色合わせは、じっくり納得のいくまで何度も調合し直します。




 

DSC056340002
一枚一枚、丁寧に『裏打ち・裁断』を施し、表装していきます。




DSC05338
本日、ご依頼主からお礼のお手紙を頂きました。※プライバシーを考慮して裏面の写真です
とても有難いことです。
胸がいっぱいでございます。
それと同時に表具師としての使命感を再認識させて頂いております。

これまでにもお手紙はもちろん、お電話やメールでのお礼のお言葉は数え切れないほどございます。
その都度、心が温かくなります。

お引き渡しの際は、「どうかな?大丈夫かな?喜んでくれるかな?」いつも少し不安なのです。
だから本当に嬉しい。
妻や子供に「お客さんに、喜んでもらえたよっ!」と毎回報告しています。笑

この仕事を始めてから頂いたお手紙は、全て残してあります。私の財産です。

よしっ、明日も一所懸命、表具師として精進してまいります。
DSC05340
これまでに頂いたお手紙の一部です。




DSC05203

福田刃物工業株式会社さんへ伺いました。

今日ご一緒させて頂いたお二人は、
強い矛と盾を持ち合わせているような理想的な方でした。
どちらが矛なのか盾なのかという単純なことでは決してありません。

お二人の目指すものは、とてもシンプルですが
その内部構造は、複雑で繊細で熱い。

そういう企業の製品は、当たり前だが信用できる。

良い学びを頂きました。ありがとうございました。

クリック→ KISEKI :(超硬合金包丁)

DSC05210DSC05204
整然としたとても綺麗な仕事場です。
DSC05207
DSC05209

DSC05206
クラブチームのような社員さんロッカールーム。
DSC05212
嬉しいお心配り。
DSC05214
ボスの部屋には、JORDANのユニホーム。
同じ物を僕の事務所にも掲げてあります。サインはありませんが、、笑




IMG_4568

このお線香は、奈良県のご依頼主からの頂きもので、三本が一本になった珍しいお線香です。何より香りがとても良く、心が落ち着きます。
 

昨年、最初のご依頼主は神奈川県からのご来訪。
今年、最初のご依頼主は奈良県からのご来訪。
 

何年も前からイメージしていたことは、自分の理想としている表具師のスタイルで、岐阜までわざわざ私に会いに来てもらえる人になることでした。
 

今年も嬉しく有難い年始です。
 

岐阜の田舎で、しかも表具師という知名度も需要も乏しい仕事で高い目標を持ち続けることは、私の様に気づきの遅かった人間にとっては、簡単ではありません。
 

2024年も気合い入れます。
DSC04870
DSC04869




DSC04827
あけましておめでとうございます
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

松月堂栗田表具店 四代目
IMG_4518
元旦は、恒例の氏神様へ新年のご挨拶に伺うのですが、そこで珍しい出来事が。
家族五人でおみくじ【吉】をコンプリートしました!!
左から『末吉・小吉・中吉・吉・大吉』という引きの強さ。

一人ずつおみくじを開いていくのが我が家のスタイルなのですが、三人目まではいつもと変わらずでしたが、四人目が異なるくじを引いた時からもしかしてこれは、、、という雰囲気に。
皆で息を呑みながら、開いてみると『小吉!!!』神社の境内でささやかながら歓声があがりました。
こんなに嬉しい『小吉』は、初めてです。笑

ポジティブな私は、今年は例年以上に何か良い事が起こりそうで ワクワクしております。




DSC04811
この度、神棚を新しく迎えることにしました。
本来なら7年半前に工房をリノベーションしたタイミングで、、、
と思いながら、元々あった神棚をどうすれば良いのかしばらく悩んでいましたが『GIRIDO(ギリ戸)』と出会い、7年半の霧が晴れました。

GIRIDOを創られた、woodpeckerの福井さんに神棚への想いを伺い、自分の理想としていたものに明確な奥行や輪郭が付いたような気がしています。

12月の中旬に、直接お店(woodpeckerさん)へ頂戴に上がった際には、GIRIDOを製作している宮師(唐箕屋本店さん)のお弟子さんとお会いする機会にも恵まれ、三人で長らく立ち話が出来たことは運が良かったです。

モノを創る人、モノを作る人、モノを求める人が一堂に会する。
モノを手に入れる時は、こうでなくてはならない。

良い新年が迎えられそうです。
DSC04812
DSC04813
DSC04816
DSC04818
DSC04821
DSC04825
良い具合に収まりました。




DSC04806
例年であれば我が家で実った南天を拝借したものを妻が手作りしていましたが、
今回は、ユーカリさんというお店でしめ縄を迎えることにしました。
大切な物は、なるべく直接手に取れる距離であることと、以前から妻のお気に入りのお店であることも肝要です。

黒米と紙垂のモノトーン具合とシンプルな仕立てがとても気に入っています。
DSC04799
DSC04800
DSC04803
DSC04808
DSC04809





DSC04407
一度目は今春で、今回で二度目です。
もう何も言うことはありません、素晴らしい空間です。

後藤昭夫藝術館の管理者である後藤黄太郎さんと、初めてお会いしたのも今春でしたが、
何故だか初めての様な気がしない不思議な感情を抱きました。
後藤さんとお話をさせて頂くと時を忘れてしまう程です。
もちろん、私より大先輩であり博識のあるお方ですので、身近な存在という意味ではございません。

この空間(建物)は、可能性に満ちています。
私に出来ることを考えさせられるひと時でした。
後藤さん、ありがとうございました。
DSC04391
DSC04393
DSC04397
DSC04398
DSC04399
DSC04406
DSC04405
DSC04404
DSC04410
DSC04402




DSC01443
百種の福と、
百種の壽。
何とも縁起の良い構図。

この書は、二代目の祖父のもので10年程前に、工房の押入れから見つけ出し近頃まで保管していた。
祖父は、割と器用な人であった為、こういった類いのものは稀ではない。 
決して立派なものではないことは、百も承知ではある。

その中でも百福壽は、私の気に入っている作品で、シンプルな額装に仕立てた。
フレーム(額縁)もマット部(縁取り)も何も飾らないことが、この贅沢な書の内容には丁度良い。

それにしても良く書いてあると感心してしまう。
DSC03427
DSC03426
DSC03428
DSC03429




DSC02329
ボリュームがあるので、二部構成にしています。
この住宅の素晴らしさは家の外にも溢れています。
とても丁寧に手入れされている庭を見て、大切なのは今も尚、暮らしがこの住宅にあることです。

ここに住まわれている川原田ご夫妻の家に対する愛情や日常が見えてくることが、建築を維持していく上で一番の栄養であると思うのです。
DSC02303
DSC02350
DSC02348
DSC02342DSC02332
DSC02338
DSC02356 (1)
DSC02354
DSC02322
DSC02321




DSC02293
先日、愛知県名古屋市にある『川原田家住宅』へ仕事の打ち合わせを兼ねて伺いました。

昭和12年に建築された二階建て木造建築で、至る所に職人の粋を感じられる豊かな住宅でした。

私は表具師なので、襖や障子を見ればその建築の質やポテンシャルもある程度、測ることが出来ます。
ポイントとしては、

・築年数に対しての建付けの良さと納め方
・襖や障子に使用されている材料と仕立ての良さ

何故かと言えば、建築において襖や障子はあまり意識の届かない部分であることが多く、そこに予算を掛けない傾向にあるからです。

しかしながら、名建築であれば逆にその細部にこそ意識を配る為、自ずとそれ以外の部分も相乗効果で、質の高い建築物になってくるのです。もちろん、職人の質も高いものが求められていきます。

この住宅は、正にそれである。

川原田家住宅主屋 文化遺産オンライン (nii.ac.jp)

オンラインあいたて博 川原田家住宅 - YouTube
DSC02295
DSC02291
DSC02292
DSC02286
DSC02311DSC02313
DSC02304
DSC02305
DSC02307
DSC02310
DSC02316




DSC02400
先日、リスペクトしている方から本を頂きました。
この本を拝読し、私は既に開化堂さんの「推し」 であったことに気づきました。
開化堂さんのような企業やお店が、恐らく文化を継承し未来へ導いていくのだと思います。
茶筒は、5年前にKaikado Cafeで手に入れたものです。 

開化堂 → https://www.kaikado.jp/




DSC02229
先日、名古屋で写真家の長山一樹さんの講演会をプロデュース(リーダーとして)しました。


とは言っても、名古屋伝統産業協会様、NPOメイド・イン・ジャパン・プロジェクトの多大なるサポートによるものです。


結果から申し上げると、大成功であったと理解しております。


この講演会の事は、私の目線から書きたいことがあり過ぎるので、それは『note』に綴っています。


note → https://note.com/kuritahyogu/n/ncb089c3f052d
LINE_ALBUM_MIJP0309_230311_13
LINE_ALBUM_MIJP0309_230311_21
LINE_ALBUM_MIJP0309_230311_6
LINE_ALBUM_MIJP0309_230311
 長山さん、「とことんアナログ!」刺さりました。当日は丸一日お疲れ様でした。

@mr_nagayama 

@kazuki_nagayama 


名古屋伝統産業協会様、昨年の10月から運営をサポートくださり、感謝いたします。


MIJP代表理事の淺野さんを始めとするメンバーの皆さん、私の我儘に付き合って頂き、恐縮です。

@mijp_madeinjapanproject 

@ippeichan0404 


丹羽さん(布団職人)、長山さんの名古屋アテンドをプランニングし、同行までして頂き、頭が上がりません。

@niwatakuya 


そして、お忙しい中、ご参加頂いた全ての皆さまへ心より「熱く!」御礼申し上げます。


 


DSC01893
『椅子と時間』
もうすぐ小学一年生になる長女へ入学祝いとして、シューメーカーチェア(WERNER/SHOEMAKER CHAIR)をプレゼントした。 


↑という冒頭からはじまる、私の個人的な思いや趣味趣向をblogやInstagramとは別の伝え方で綴っています。

どうぞ表具師栗田浩次の『note』宜しくお願いします。
↓クリック↓
https://note.com/kuritahyogu



DSC01895
SHOEMAKER CHAIR NO.49
DSC01891 




DSC01872

表具の仕事は、新しい試みの繰り返しである。

思考する時間と生産性が見合っていないことも多々あるが、それでも向上の為ならと、つい職人の性が出てしまう。





20230127074500
表具師をしていて良かったことの一つが、独特の視点や解釈を持てたことです。

建築やデザインを見る際も人と違った愉しみ方ができることは、とても幸運だと思っています。

この独自の目線を伝えられる人になりたいものです。

#日本民藝館




DSC01074
この仕事を始める時に、祖父から譲り受けた小出刃包丁を新調しました。
どちらも際立って高価なモノではなく、普及品ですが切れ味は抜群です。

私が仕事道具を選ぶ基準は、先ずプロダクトであることです。
安定した生産性のある道具は、職人にとって生命線でもあります。
良い道具は、価格・機能・デザイン性のバランスが絶妙であることが重要です。

ちなみに古い方もまだ用途はあるので、最期まで大切に使います。
DSC01075




FullSizeRender
横須賀からのお土産。
とっても美味しいバニラボーロ。
プリンも有名なお店のようなので、次回お取り寄せしてみます。




DSC01478
あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。





DSC01705
工房の障子を外し掃除をしていると、いつの間にか日の傾きと外の縦格子が良い具合に。
畳の目と影がピタリと合っていて気持ちが良いです。
こういうの好きです。

黙々と作業をしている時のいい箸休めになりました。




DSC01694
お仕事がご縁で親しくさせて頂いているご夫婦から、とっても美味しいミニトマトを頂きました。
我が家はトマト好き。『ナカセ農園』要チェックです!

贈り物やプレゼントは、何であっても本当に嬉しいものです。
たまに贈り物にケチを付ける人もいますが、大切なのはモノではなく心です。

美味しい贈り物、ありがとうございました。
DSC01693
ミニトマトのナカセ農園 (nakasenouen.com)




DSC00330
総裏打ちに使用する刷毛です。
多いと思われるかもしれませんが、適材適所にこの七種の刷毛は必須になります。
私の年齢に近い刷毛も日々の手入れで、未だに現役で活躍してくれます。

さぁ、明日から年内最後の総裏打ちが始まります。
気合入れます。




DSC01392
この時期がやって参りました。
日々鍛錬。




DSC00149
現在、屏風や額装の下地を黙々と製作中。
木工作業も表具師として重要な仕事の一つです。
DSC00156DSC00159
DSC00157
DSC00158




DSC01124
伺ったご寺院の境内脇に西国三十三ヶ所霊場の各札所の御本尊、観世音菩薩三十三体が祀られていました。
薄明かりでもなお輝く金色の御本尊をみて、照明の無い時代の光の尊さを仏さまが教えてくれているようでした。
合掌。
DSC01126
DSC01125
DSC01129
DSC01122




DSC01140
仕事でお世話になった京都のご寺院へ。

商店街から路地を抜けると、さっきまでの賑わいが嘘のような静けさに心が和らぎました。

穏やかな自然光が差し込む本堂内で、貴重なお話しと資料を拝見する事ができ、感無量でした。

感謝申し上げます。
DSC01139
DSC01135




DSC01696
いわゆる椅子好きではないのですが、我が家には何故だかそこそこ椅子がある。
職人をしていると、愛着という言葉はやはり好きである。
せっかく使うのであれば、やっぱり良いものを好んでしまいます。
このスツール60もちょっとした記念に購入したものです。
DSC01698




DSC00423
現代において、この言葉に相応しい人は少ないのかも知れない。

先日、表具の打合せをさせて頂いたご依頼主は正に数寄者である。

もう8,9年のお付き合いになります。とても物腰の柔らかいお方ですが、その拘りにはいつも感心させられます。

茶掛けが好きな理由は、見た目のバランスだと仰います。もちろん、書の意味やストーリーも熟知しておられますが、重要なのはビジュアル。

通りで話しが合うはずです。




DSC09981
表具師は、帙(ケース)や貼り箱も仕立てます。

もちろん、ご依頼品を収納することを目的とした特注の場合に限りますが。

今回は、ご依頼主のオーダーに合わせて古裂を使用しました。

和紙・裂(布)・糊・糸で仕立てられるものは恐らくどんなものでも可能です。

例えば、和綴じ・御朱印帳も特別な時にだけ仕立てます。

全て表装技術が成せる技です。
DSC09980
DSC09977
DSC09975
プラスチック製ではなく、骨
小鉤を使用しています。

DSC09985
DSC09986
上蓋の裏は、金銀砂子紙で化粧しています。



DSC09841
▲特別な場所
旅の最終日は、因島からの絶景でスタートです。

様々な人と出会う旅でしたが、ラストは再会を約束していた方の地元でもある尾道で一番の場所を案内してもらいました。
新尾道駅まで迎えに来て頂き、その足で先ずこの景色。
普通の観光では見られない所を限られた時間の中で色々と教えてくれました。

彼とは同世代ではありますが、生まれも育ちも全く異なる間柄で、三年前にあるご縁がきっかけで出会う事となり今回で三度目です。

会って間もなく古くからの友人の様な関係性が自然と構築され、近況報告に始まり家族や仕事の話を永遠と語らいました。

遠い地でしかも大人になってからこんなに仲良くなれる人はそうはいない。
有難いことです。


今回の旅で、尾道・倉敷・岡山・牛窓と普段見ている景色とは違った日本の良さや暮らしを知ることができ、『羨ましいな』『瀬戸内は良いな』と思うと同時に自分の住む街の魅力をもっと探求したいという思いに改めて気付くことが出来ました。一人旅は良いものですね。笑

そして今度は、私が辿ったルートを家族と一緒に旅しようと思います。
妻よ、子供たちよ、ありがとう。
DSC09835
DSC09836
DSC09837
DSC09840
DSC09842DSC098380001
DSC098490004
DSC09854
DSC09859
またいつの日か必ず。




DSC09810
▲牛窓の海
海なし県に住む私にとって、瀬戸内の海は無いものねだり。
岡山駅から在来線・ローカルバス・徒歩で辿り着いた牛窓は、空腹の末に頂ける御馳走と同じである。

『浄化されていく』 そんな心境になった。

ずるい、三割増しでよく見えてしまうが、そうではない。
その土地の素材自体が良いから、言い訳はできない。
DSC09812
DSC09813
DSC09798DSC09805
DSC09815
DSC09801
▲御茶屋跡(牛窓随一の立地に佇むお店)
DSC09818DSC09816
DSC09819
DSC09820
DSC09821DSC09830
DSC09823
DSC09824




良い所です。




DSC09677
▲尾道の海

先日、仕事とプライベートを兼ねて一人旅に行ってきました。
家庭があり自営をしながらの生活の中でまとまった休みを取り一人で行動するのは、十数年ぶりのことです。

家族に後ろめたい気持ちとワクワクが混同する中、節目となる年齢に差し掛かり今自分に足りない何かを見つけに行く事が最大の目的でした。

旅先に選んだ場所は、広島(尾道)・岡山(岡山市、倉敷、牛窓)の四ヶ所で、交通手段は電車・バス・徒歩と決め、瀬戸内の景色や風土をゆっくり味わうことが重要です。

細かなルールとしては、なるべく携帯を触らない・音楽を聴かない・一冊だけ本を持っていく・色んな人に話しかけるといった具合です。

DSC09678
▲U2




DSC09689
▲LOGDSC09691
DSC09695
DSC09696
DSC09700
▲Cafe & Bar Atmosphere(ジンジャエール&チーズサンドお勧めです)




DSC09702

▲千光寺からの眺め
DSC09705
▲おっ!こんなところに三十三ヶ所観音堂が! 合掌




DSC097060001
▲ジブリの世界




DSC09710
▲水尾之路(カルボナーラ旨かった)DSC09717
DSC09724
DSC09726




DSC09735
▲おのみち歴史博物館(近くに無数にある飲み屋街が気になる)




DSC097360002
▲阿智神社(倉敷の守り神)
DSC097370001




DSC09739
▲美観地区(倉敷市倉敷公民館)
DSC09738
DSC09741
DSC09744
DSC09796
DSC09786
DSC09771




493CE9CF-4CA2-407C-9D88-EBB196E2102D
本日、お引き渡しでお越しになられたご依頼主がお代を一筆を添えた和紙に包んでご用意して頂いておりました。

人の心を動かす人は、一つ一つの所作や気配りの積み重ねなんだなぁと実感する出来事で、月曜から良い日になりました。

ありがとうございました。




310633B6-25B4-4393-840B-FAA298F1451E
表具師の仕事は、影である。

影である事で光(作品)が引き立つ。

そうでなければならないと思っていました。

でも、ほんの少しだけ変えてみようと思います。




DSC08788
本日【2月8日㈫ ~ 13日㈰】より、岐阜県美術館(県民ギャラリーA)にて【第52回 萠土展】が開催されています。
仲良くさせて頂いている、中村淳子先生の作品も出品されています。

中村先生は、彫刻・墨象・書・日本画等とても幅広い分野でご活躍されており、私もファンの一人です。先生のお人柄はとても物腰が柔らかく、私の様な若輩者にも同じ目線でお話をしてくれます。

『良い作品を創るには、魅力的な人でなければならない』

それを背中で教えてくれる格好良いお方です。

是非、お時間がございましたら岐阜県美術館へ行ってみてください。
DSC08783
DSC08782
DSC08785
会場 岐阜県美術館(県民ギャラリーA)
会期 令和4年2月8日㈫ ~ 13日㈰ 10:00~18:00 最終日17:00まで





85
先日、愛知県名古屋市の中学校で半日ではありますが『ものづくり』をテーマに授業をしてきました。

全てが初めてのことで、不安とワクワクが入り混じる中での『挑戦』でした。
対象の生徒さんは、21名の中学一年生。

僕は、表具師という世間に馴染みのない仕事をしているので普通の職種と比べると、よりハードルは高くなります。製作を体験してもらいながら、表具の構造や機能をどうやったら子供たちに楽しく理解してもらえるのだろうか、資料作りも含めてとても悩みました。

表具師は、マイナーな仕事故に道具や材料・教材も揃っていないのが現実です。だから、無いものは自分で何とかする『工夫する』ことが常なのです。

その意味で、授業のテーマは『少ない情報の中から想像(創造)し、手を動かしてみる』にしました。
現代では、情報はどこにでもあり多様化しています。良い事かもしれませんが、本質を見極める力がないと薄っぺらな人になりがちです。何かを成し遂げていくためには、物事を深堀りしていくことが重要です。

そこで、表具の基礎である『和紙・糊・裏打ち・下地』を手を巧みに使いながら知ってもらうために、小さな障子の様なモノを一から製作してもらいました。プロダクトとしては、チープな見た目なので些か恐縮ではありましたが、構造を理解するための『ものづくり』に焦点を絞りました。

にも関わらず、生徒の皆さんは意欲的に色々考えながら、そして理解しながら丁寧に手を動かし製作してくれました。凄く嬉しい、こんな気持ちになれたのは初めてでした。

月並みな言葉になってしまいますが、生徒に教えるつもりが自分が教わる授業になっていました。
後日、21名の生徒さんからお礼のお手紙まで頂き、感無量です。

正に表具師冥利につきる体験となりました。

最後にこのような場を設けてくださった、中学校・運営をしてくださった方・そして生徒の皆さん、ありがとうございました。
8281
84
83
86
87
89
88
縺昴・莉・142
※写真撮影時のみマスクを外しています




55527463-20BF-4317-9B99-E4B8A70EE8BF
寒空の下
暖色の灯りは、心まで温かくしてくれます
05418500-A9ED-4547-A98D-FD22CB63B597
1D35115E-EA0B-4CBD-9978-711E17BB02B2
DSC08667
20220122050624




A6D354F2-41E0-4E49-8A0F-D44938D67D86
本来であれば、2020年夏にお参りする予定が公私ともに色んな事があり2022年のお正月休みになってしまいました。
やっとこさ、念願のお伊勢参りです。

まだ幼い子供三人を引き連れての参拝は、とても大変でしたが無事お礼をご報告する事ができ良き日になりました。

小雪が舞うほどの寒い日でしたが、身も心も引き締まりました。DSC08631




DEBA18B0-9D0C-49A8-93CD-32E3F09051FE
あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

『Action』を今年のテーマにしようと思います。

さぁ、お餅を食べましょう。
E50EBD67-0239-4AB0-A86A-1D026D4084B5
WASHIKAKU 鏡餅




6CFA9786-2085-45B7-BF2A-3676D92F9464
小さな苗を植えたのが三年前。

今年、ようやく我が家の南天に実が成りました。石の上にも三年、実を付け始めた秋に妻と喜びました。
成長する過程を楽しむのが我が家の植栽です。

しめ縄は、小さい方が自宅用で大きい方がお店用です。

何年前からか、妻がしめ縄を作ってくれています。シンプルですが、手作りは良いものです。
7FB4EF0F-0825-45CD-9F0E-F886D078FFD1
442294DF-75D3-4DE4-921A-8A42E4E17ED6




D70585C3-DA79-466C-87C7-A496E998BECD
後は、大掃除を残すのみです。

毎年この時期になると思いますが、色々と詰め込み過ぎてしまう性分をそろそろ変えなくてはと。

来年は、自分や家族の時間をもっと大事にしようと思います。




D11DDE83-DCB4-4A22-9E2B-1C68F2960D72
表具師のあるべき姿。

月日荘さんで展示されている13組の作家さんの素晴らしい「短冊」の数々を拝見し、掛軸を表装することの本質を改めて教えて頂くことが出来ました。

創造すること
想像すること

この二つの違いを理解しつつ、バランスを絶妙にとっていく作業こそが表具師の仕事であると思うのです。

「短冊」
9月18日(土) - 26日(日)
11:00 - 19:00
※ご予約制です

月日荘
愛知県名古屋市瑞穂区松月町4-9-2

 【13組の作家さん】
浅岡千里
朝倉世界一
内田剛一
華雪
新保慶太
新保美沙子
中神敬子
中澤希水
ハタノワタル
三原佳子
山口信博
山田英幸
湯浅景子 
E22CAE56-FCBD-4B6F-B7A0-A4B7A5078428
ADDF2770-CBBF-4D3E-9161-90579BB8B6BB
CF260C1F-FCDC-49A6-8CFE-C630DAE7E9FE
78AE2E8B-7674-4100-8A71-FC14A04E807A
F9458467-F316-467A-BA1A-D925AA809AC6
31D6570C-EB7B-44B6-AFD8-C9DBE0003878
A2D7A99E-F811-40B1-90A7-EE5F6C939D68
52830693-2E13-4B12-B263-86E163797642
EF9231A4-F088-4D78-A1DC-506BFCE122BD
C47CE21D-CFEB-46B4-85F4-D63C57BD99E9
4E861D42-7C12-4CDB-ACC5-674712A77485
E337C2E1-256C-4E05-B97B-95CE995226CE
EBA5452C-7F7A-43A2-8865-0260C41FF931
10E5C146-2686-4BC9-BC7A-FE47BDA80FDC





4A478996-91A9-4D31-B249-1B88A47106E7
左から四分用、五分用、九分用(通常サイズ)の本金鍍金金具です。
年々価格は高騰し、四分・五分用は手に入りづらくなってきています、、、
D492F72F-7E01-4D9C-AEC7-5A748EF8F7FA
791B60FB-9DF7-4092-902B-0929E5823F83



 

47F917B8-677C-4D21-883C-5AAE5928FD2B
仕事柄、墨を使うことがあるのですが、筆を洗う際に墨が水に浸透していく様子を見ていると、自分にも何か出来るんじゃないかと錯覚してしまいます。




FBAFA822-B5F3-4128-B8D0-4F055F1FC50C
作家/野原桜州
作品/松茸

香りを嗅ぐだけで、秋を感じられます。




2226FEBB-0047-4F30-A1F0-361E768968F6
いつ頃からだろう
そう感じる様になったのは

気がつけば、もう九月。そしてあっという間に年の瀬。

だから今のうちから気を引き締めておこう。




04C3C2A4-990B-407A-992E-78A3307018E3
黒は、無条件に格好良い
故に、使いどころが難しい




803DAE18-2A2D-4181-9026-A0B67B2A2F66
年始からのシワ寄せで7月から息つく暇もない状態でしたが、何とかお盆を迎えられそうです。
お盆前最終のお引き渡しは、西国三十三ヶ所霊場の掛軸でした。




↑このページのトップヘ