DSC03920
▲before
シルクのサテン生地は、表装用裂地とくらべると非常に扱いづらく裏打ちにも工夫が必要です。 
純白となるとより一層、細部にまで気を使います。
丁寧に裏打ちを施すことで、シワやヨレは皆無です。
DSC03956
▲after




DSC03922
▲before
DSC03959
▲after




DSC03921
▲before
DSC03957
▲after