消息とは手紙のことです。尺牘(せきとく)とも言い、特に茶席では茶人の消息を珍重します。

ご依頼主からは、既存の雰囲気を一変させ、減り張りのある表具にしてほしいというオーダーです。
ボンヤリした茶系のイメージから先ずは、中廻しを紺系にして本紙(消息)へ自然に目が行くようにしています。天地は本紙の色味と合わせ、風帯は台張り(本紙廻りの白系の和紙部分)の色味と合わせ、軸先を黒系にすることで、表具にリズム感を持たせました。

果たしてこれが正解なのか、、、いつも自問自答していますが、ご依頼主のご要望と笑顔が僕の原動力になっています。
DSC05650
▲before
DSC06108 (1)
▲after




DSC05651
▲before
DSC06110
▲after
※一文字は、ご依頼主の意向で省いています(より簡素に仕立てる茶の湯の精神ですね)



DSC05652
▲before
DSC06111
▲after




DSC05653
▲before
DSC06112
▲after




DSC05654
▲before
DSC06113
▲after




DSC05655
▲before
DSC06114
▲after




DSC06106
DSC06107