DSC05752
古いひな軸の多くは、版画物であり本紙は和紙ではなく洋紙の為、修繕プランも洋紙なりの処置が必要です。洋紙は、和紙や絹と違い巻グセが強く扱いもシビアです。
だから、洋紙の性質を理解し、扱い易い掛軸になるように工夫しなくてはなりません。
その工夫の一つが裏打ち和紙の選別です。
適当な裏打ち和紙を使用することで、洋紙の短所を和らげる効果があります。
僕は、この選別の時間がどうしてか好きなんです。
DSC05165
▲修繕前
DSC05755 (1)
▲修繕後




DSC05167
▲修繕前
DSC05757
▲修繕後




DSC05169
▲修繕前
DSC05758
▲修繕後




DSC05166
▲修繕前
DSC05756
▲修繕後




DSC05164
▲修繕前
DSC05755
▲修繕後