2024年02月

DSC04083
空海/浮
形式/行の行

中廻しの裂地は、より深みのある青にしたかった為、柿渋で手染めしています。
そのお陰もあり、本紙(作品)の馴染みが良いような気がします。
DSC04089
DSC04084
DSC04090
DSC04091
DSC04092
DSC04093
既存の軸先を再使用しています。
DSC04085
DSC04087
DSC04103
本紙の良好な保存を考慮して、太巻き芯を採用しています。
DSC04097
美しい柾目の桐箱。
DSC04102
DSC04101




DSC03522
▲before
DSC04082
▲after




DSC03521
▲before
DSC04079
▲after




DSC03519
▲before
DSC04078
▲after




DSC02049
現在、マルセイユとベルリンを拠点に活動中の画家の佐伯洋江さんの作品を表具させていただきました。

詳しくは、noteに綴っております。

クリック ⇒ note(表具師 栗田浩次)
youtube ⇒ 屏風(製作動画)
DSC02065
DSC02110DSC02111
DSC02071
DSC02074
DSC02097




DSC04124
美濃竹紙工房の鈴木さんの漉いた本美濃紙です。

鈴木さんの和紙は、なかなか手に触れることのできない貴重な品ですが、縁あって障子張りに使用させていただきました。

その貴重さのせいもあってか、現代では障子張りに用いるのはとても贅沢なことになってしまっています。しかしながら、これが最も適した使用方法だと理解しています。

もちろん、表具する上で掛軸の裏打ちや屏風の下張り等々多岐にわたって使用しますが、それは表具の構造や機能面において和紙の働きが良いからであって、手漉き和紙本来の美しさや温もりは、一見では感じられません。

陽の光を絶妙な具合に調節して透かす和紙の明かりは、障子でしか味わえないのです。

光の調節以外にも、夏は暑さを抑え、冬は冷気から守り、一年を通して湿度をコントロールし、通気性も備えています。純楮の手漉き和紙なので、丈夫で長持ちします。

良いことを挙げたらキリがないですが、やはり現実的には高価な物なので手に取りづらいと思います。
私は表具師として、和紙に限らず様々な材料を作ってくださる職人さんへ一つでも多く依頼をし、その関係性を継続できればと常に危機感を持ちながら仕事をしています。

然るべき事宜に、この本美濃紙を思い出していただけたら嬉しいです。

youtube ⇒ 障子張り 
DSC04129DSC04127
DSC04128
DSC04132
IMG_3784
IMG_3785
IMG_3788
IMG_3786




DSC04031
西国三十三ヶ所霊場/掛軸表装
ご依頼主/兵庫県

クリック ⇒ 満願の納経軸/兵庫県のご依頼主
DSC04034
DSC04035
DSC04036
DSC04037
DSC04038
DSC04039
DSC04040
DSC04033
DSC04133
DSC04135
DSC04136
DSC04137
西国三十三ヶ所霊場/掛軸表装
ご依頼主/兵庫県




DSC04041
四国八十八ヶ所霊場/掛軸表装
ご依頼主/神奈川県
DSC04043
DSC04044
DSC04045
DSC04046
DSC04047
DSC04048
DSC04049
DSC04042
DSC04077
四国八十八ヶ所霊場/掛軸表装
ご依頼主/神奈川県




DSC03989
DSC03988
DSC03990
DSC03992




DSC03931
▲before
DSC03985
▲after




DSC03932
▲before
DSC03986
▲after




DSC03929
▲before
DSC03980
▲after




DSC039340002
▲before
DSC039870003
▲after




DSC039270001
▲before
DSC039940004
▲after





DSC035130002
▲before
DSC040550004
▲after




DSC03515

▲before
DSC04058
▲after




DSC03514
▲before
DSC04057
▲after




DSC03516
▲before
DSC04059
▲after




DSC03518
▲before
DSC04061
▲after




DSC03517
▲before
DSC04060
▲after




DSC04019
書/六字名号(南無阿弥陀仏)
形式/真の草

DSC04023
DSC04024
DSC04025
DSC04030
DSC04027
DSC04028
DSC04029
DSC04022




DSC05338
本日、ご依頼主からお礼のお手紙を頂きました。※プライバシーを考慮して裏面の写真です
とても有難いことです。
胸がいっぱいでございます。
それと同時に表具師としての使命感を再認識させて頂いております。

これまでにもお手紙はもちろん、お電話やメールでのお礼のお言葉は数え切れないほどございます。
その都度、心が温かくなります。

お引き渡しの際は、「どうかな?大丈夫かな?喜んでくれるかな?」いつも少し不安なのです。
だから本当に嬉しい。
妻や子供に「お客さんに、喜んでもらえたよっ!」と毎回報告しています。笑

この仕事を始めてから頂いたお手紙は、全て残してあります。私の財産です。

よしっ、明日も一所懸命、表具師として精進してまいります。
DSC05340
これまでに頂いたお手紙の一部です。




DSC03811
坂東三十三ヶ所霊場/額表装/御影札/特上仕上げ
ご依頼主/東京都

クリック ⇒ 三十三枚の御影札/東京都のご依頼主
DSC03144
▲before



DSC03814
DSC03815
DSC03816
DSC03817
DSC03818
DSC03819
DSC03820
DSC03821
DSC03822
DSC03823
DSC03824
DSC03825
DSC03826
DSC03829
DSC03830
金茶の豪華筋廻し仕立て
DSC03833

額装の裏面は、最高級の
本絓絹を使用

坂東三十三ヶ所霊場/額表装/御影札/特上仕上げ
ご依頼主/東京都




DSC03834DSC03843
DSC03837
DSC03839
DSC038360001
DSC03835DSC03845
DSC03848
DSC03840
DSC03841
DSC03872




DSC03850
坂東三十三ヶ所霊場/掛軸表装/特上仕上げ
ご依頼主/東京都

クリック ⇒ 満願の納経軸/東京都のご依頼主
DSC03851
DSC03852
DSC03853
DSC03857
DSC03854
DSC03855
DSC03856
DSC03849
DSC03858
DSC03859
DSC03860
DSC03863
DSC03866
DSC03867
高野山奥の院・箱書きDSC03868
DSC03869
DSC03870
高級二重箱(塗り箱+上桐箱)セットDSC03871
DSC03873
坂東三十三ヶ所霊場/掛軸表装/特上仕上げ
ご依頼主/東京都




↑このページのトップヘ