2020年08月

DSC04253
表具師は、用途に合わせて数十種類の刷毛を用います。
水刷毛・撫で刷毛・打ち刷毛・付廻し刷毛、、、多種多様な使い方があります。
そのため、刷毛の特徴を熟知することが重要です。
DSC04255

AEFB7358-8568-4DFC-B7F6-DC77EF51DC0C
数多ある引手の中でもこれほどに洗練されていて機能的で、デザイン性に優れているものはないと思っています。
そして単純に格好良いと思える所が重要だったりする。

このデザイン・アイディアが数百年前からあるのだから先人には敵わない。




DSC02265
『 ん 』です。

脱皮したての蛇の抜け殻を見つけると運気(金運・子孫繁栄)が上がると言われています。
蛇は、身の安全を守るために目立たないところで脱皮するから何処で脱皮するか判らない為、とても貴重なことなのです。
ご依頼主は、その貴重な蛇の抜け殻を玄関で発見された強運の持ち主です。

基本的に額装にする場合は『 寿 』や『 一本筋 』にすることがほとんどですが、ご依頼主夫婦にとってひらがなの『 ん 』にとても縁があるということから、『 ん 』+『 縁⇒円⇒丸 』と意味を繋げて表装させていただきました。
※丸には魔除けの意味があるという説もあります
DSC00399
表装前の状態
DSC02275
※後ほど保護用としてアクリルガラスを嵌め込んでいます
DSC02271
DSC02269
DSC02274
DSC02267
蛇の抜け殻/額表装
ご依頼主/岐阜県




DSC02578
臨済宗の僧で大本山国泰寺派管長を務める。愛知県生、花園大学卒。氷見市の野の草学園を創設したしインドシナ難民救済活動に乗り出し、稲葉就園基金を設置した。昭和61年(1986)寂、79才。
DSC02580
DSC02581
DSC02582DSC02589
DSC02583
DSC02585
DSC02586
DSC02587
DSC02588
作家/稲葉心田  作品/布袋画賛
ご依頼主/岐阜県




879C646B-353B-4A13-ABB2-2A33D0ED6E7A
金細工の伝統工芸和紙です。
生き残った古典(クラシック)は、現代でも遜色ない品位があります。
こうして見ていると金細工の美しさは、星空のような輝きを持っています。
これを衝立に張り込みます。




DSC02218DSC02219
DSC02220
DSC02221DSC02222
DSC02223
DSC02224
DSC02225
DSC02217
DSC02226
DSC02227
西国三十三ヶ所霊場/掛軸表装
ご依頼主/神奈川県




DSC02079
掛軸にとって桐箱(掛軸収納箱)は、お家の様な存在で、数百年前から掛軸と共存しています。
そして掛軸と同様に状態は悪くなっていきます。悪くなるを分かり易く言うと機能性が著しく低下するということです。
所謂、桐箱として一番大事な調湿性能が落ちる為、掛軸を守ってくれなくなるのです。これでは、修繕した掛軸を箱に収めても意味がありません。

しかしながら、古い桐箱には箱書き(題名)が付き物です。贔屓にさせて頂いている桐箱職人さんは、その箱書きを生かし、新しい桐箱の上蓋部分に寸分の狂いもなく嵌め込む技術を持っています。

密閉性の高い印籠タイプの桐箱は、掛軸を保存する上で最適なのです。
DSC01911
▲before
DSC02076
▲after




DSC01912
▲before
DSC02078
▲after




DSC01910
▲before
DSC02075
▲after




DSC02294
意味を調べてみると、『文字が記してなく白く残っている部分』
書道家のはるさんのオーダーで仕立てた額装ですが、言葉の意味と作品が調和しています。

作家さんにとっては、憤りを感じてしまう時世ですが、作品(書)がより生かされるための意味のある空白の時間(余白)であってほしいと切に願います。




DSC01914DSC01915
DSC01916
DSC01917DSC01918
DSC01919
DSC01920
DSC01921DSC01922
DSC01923
西国三十三ヶ所霊場/掛軸表装
ご依頼主/滋賀県




DSC02478
無心大道帰(むしんだいどうにきす)
余計なことは考えず、無心で突き進めばやがて道は開ける。

正に今の僕に問いただされているようです。
どうしてだろう、古くからある禅の言葉の数々は、実に現代にフィットしている。
DSC01989
DSC02481
DSC02483
DSC02484
DSC02486
DSC02494
DSC02489
DSC02491
DSC02485
DSC02495
DSC02498DSC01913
胡麻竹の軸先
DSC02500
作家/龍橋老師 作品/無心大道帰
ご依頼主/岐阜県




DSC01313
僕がデザインしたアイアンのモニュメントです。
杉山製作所さんでフルオーダーで製作していただき、早一年が経ちました。

今年で創業100年を迎えるにあたり、感謝の意を込めて何か記念になるものを残したいとずっと思っていました。

...『経年変化』だ。

そう閃いた瞬間に鉄(アイアン)のプロフェッショナルである杉山製作所さんへお願いすることは自然な流れでした。特殊な表面加工を施したこのアイアンは、脚の部分は雨にも強い錆止めがされており、メインの部分は長い年月を掛けて表情が不規則に変化するように工夫されています。
僕のオーダーを全て叶えてくれました。
※文字をくり抜くことで夜の存在感を引き出すアイディアは杉山製作所の職人さんです

決して看板ではなく松月堂のシンボルとなるようなモノをイメージしてデザインしたこのモニュメントには、いくつかの想いが込められています。

皆さん、弊店へご来店の際には是非気に掛けてやってください。
DSC01317
DSC01316DSC02657
DSC02656
DSC02655



 

DSC04019
表具師にとって糊は、料理人で言うところの出汁の様な存在です。

新糊・古糊・水糊等、工程によって糊を使い分けるのですが、その際に糊のダマを取り除く為に裏漉しをすると非常に滑らかで粘り気のある糊になります。

裏漉しした糊は当然の如く、扱い易く良い仕事ができるのです。手間は掛かりますが、その時間も職人にとっては心を整える大事な作業となるのです。

また、職人の手仕事で作られた裏漉し器は一級品です。




↑このページのトップヘ