2019年09月

DSC00616
ご依頼主と何度も話し合い仕立てた額装です。
この額の装いには、ご依頼主の作品への愛が詰まっており、珠玉の一品と言っても過言ではありません。
表具も贅沢な仕様で、細部にまで徹底して拘っています。

表具師冥利に尽きる、幸せな仕事でした。
DSC00619
DSC00618
DSC00620
DSC00623
DSC00622
DSC00625
DSC00624
裏面は、正絹(シルク)で通常は本金屏風等の最高級仕様でしか使用しないものです。
DSC00615




DSC00447
『にちにちこれこうじつ』 毎日が良き日でありますように。
有名ではありますが、僕が好きな禅語の一つで、お茶の席で扱われる掛軸にこの言葉をよく見かけますね。
慎ましく清らかで、温もりを感じる茶の湯に重宝されるのがよく分かります。
DSC00448
DSC00450
DSC00451
DSC00452
DSC00454
DSC00455
DSC00456
DSC00458
DSC00453




DSC01048
以前にもご紹介した、神社仏閣巡りをBLOGに綴られているご依頼主から再び額装の依頼をいただきました。
本当に素晴らしいBLOGで何度でも皆さんにご紹介したくなるくらいのクオリティです。
是非旅のお供にどうぞ!
【おすすめBLOG】クリック ⇒ http://xxion504kanda.jp/
DSC01056
DSC01051
DSC01055
DSC01054
DSC01053
DSC01057
DSC01058
DSC01060
DSC01062
秩父三十四ヶ所霊場・額表装
ご依頼主:東京都




↑このページのトップヘ