2017年01月

経年劣化、折れ、破れ、欠損、剥がれ、和紙はボソボソ、以前に不適切な修繕形跡有り、その上元々の古い掛軸から切り取られ、簡易的な仮の掛軸へ両面テープで貼り付けてある始末、、、
また、なるべく低コストで修繕して欲しいとのリクエスト。
納期は当方のタイミングという条件で、幾つもの修繕プランを立て問題が起きたとしても臨機応変に処置できるように万全を期しました。
DSC01622
▲修繕前
 DSC02667
▲修繕後




DSC01623
 ▲修繕前
DSC02668
 ▲修繕後




DSC01624
▲修繕前
DSC02669
▲修繕後




DSC01625
▲修繕前
DSC02670
▲修繕後
 


 

DSC02139
表具においての修繕とは現状維持が大前提である。
必要以上に綺麗にすることや手を加えることではない。
現状維持を念頭におくと、修理・修復という言葉に違和感が出てくる。
大事なのは見た目よりも繕われた中身である、、、




DSC02140
▲修繕前
DSC02445
▲修繕後




DSC02141
▲修繕前
DSC02446
▲修繕後




DSC02444
中身についてなら何時間でもお話ししますよ。




ご依頼主(K様)との出会いは、五年前に遡ります。
全国各地の神社へお参りされることをお考えで、ご朱印をいただき形に残したいとのご希望でした。
掛軸、屏風、額・・・色々とご提案をし、K様の熱い想いもあってか、時が経つのを忘れるくらい色々とお話しをしました。
その後も半年に一度のペースで、ご相談や近況報告を兼ねてご来店され、私もどんどん熱意が増し、フラッと来て下さるK様とお話しすることが楽しみになっていました!

百八(108)社の神社をお参りするのを目標にされ、最終的には110社以上に上りました。

表具は屏風に決定し何度も打ち合わせの結果、二曲屏風に片面54社×2で108社を屏風に張り込むデザインに決まりました。
長いお付き合いの中で、ご朱印の張り込む順番をK様と工房で長時間悩んだことが、印象深く心に残っております。

ご朱印108枚全て丁寧に裏打ちを施し、一枚ずづ手作業で正確に裁断し、屏風に張り込みました。
もちろん、屏風自体も全工程を手作業で『最高品質』でお仕立てしておりますので、ご朱印108枚に悪影響を及ぼす心配はございません。
※屏風の仕様・ご朱印の裏打ちの説明は、四代目の熱い思いが留まることがない為、割愛させていただきます(笑)
DSC02501
DSC02785
DSC02782
DSC02787
DSC02786
毎度思いますが、愛情込めたご依頼品をお引き渡しする日は本当に寂しいものです、、、




DSC02797DSC02799
DSC02800
坂東三十三ヶ所霊場・掛軸表装
ご依頼主・神奈川県鶴見区




DSC02801
DSC02804
DSC02805
DSC02807
西国三十三ヶ所霊場・掛軸表装
ご依頼主・岐阜県岐阜市




DSC02761DSC02763
最上三十三ヶ所霊場・掛軸表装
ご依頼主・愛知県長久手市




DSC02765
DSC027670001
近畿三十六不動尊霊場・掛軸表装
ご依頼主・愛知県長久手市




DSC02654DSC02652
竹有上下節/山川宗玄 筆 掛軸表装
ご依頼主・神奈川県横浜市



DSC02748
DSC02750
無 事/山川宗玄 筆 掛軸表装
ご依頼主・岐阜県美濃加茂市




DSC02751
DSC02753
無一物中無尽蔵/山川宗玄 筆 掛軸表装
ご依頼主・岐阜県美濃加茂市



DSC02754
DSC02756
日々是吉祥/山川宗玄 筆 掛軸表装
ご依頼主・岐阜県美濃加茂市



DSC02757
DSC02760
平常心是道/山川宗玄 筆 掛軸表装
ご依頼主・岐阜県美濃加茂市



新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
昨年も多くのお客様に松月堂をご利用いただきまして心より感謝申し上げます。

2016年は、多忙な毎日で新年から体調を崩してしまい一年間を通して不健康との闘いでした、、、
そんな日々の中で、高品質な表装・修繕には平常心が非常に大切であることも痛感した一年間でした。

爆発的な集中力ではなく、安定的な集中力こそ信頼できる『技術』なんだと多忙な毎日から学びました。

2017年のモットーは、心と体にゆとりを持つことに決めました。
『良いもの』を創るには満たされることが不可欠です!

堅い話は、此れくらいにして正月ですので、胡座をかいて、腹を満たしましょう!
「いただきま〜す!」 
IMG_0179
 

↑このページのトップヘ