長期の経年劣化、絵の剥落、多数の横折れ、シワ、気泡、破れ、剥がれ、欠損、etc…
これを一つ一つ確かめ・理解する作業から修繕(修理修復)は始まります。

先ずは、掛軸と知人になり、そして友達になり、家族になるような心情で、作業は進んでいきます。
修繕が完了した掛軸をご依頼主へお引き渡しする際は、ご満足いただけるか毎度緊張しますが、それと同時にさみしい気持ちにもなります。

娘を嫁にやるような気持ちなのでしょうか、、(未だ経験はありませんが、、)
DSC02028
▲修繕前
DSC03700
▲修繕後




DSC02030
▲修繕前
DSC03689
▲修繕後




DSC02031
▲修繕前
DSC03691
▲修繕後




DSC02032
▲修繕前
DSC03693
▲修繕後




DSC02033
▲修繕前
DSC03694
▲修繕後




DSC02034
▲修繕前
DSC03695
▲修繕後




DSC02035
▲修繕前
DSC03696
▲修繕後




DSC02036
▲修繕前
DSC03697
▲修繕後




DSC03686
DSC03698
DSC03882
状態が悪かった掛軸を修繕した際には、太巻き桐箱で保管することをおすすめします。
大きな円周で掛軸を巻くことで本紙を痛めず、守ることができます。