大徳寺といえば、茶道と非常にゆかりのあるお寺です。
そして茶道といえば、茶掛け(輪補表装)です。
茶の湯の心得として、『 美 』を簡素にしつらえることが基本です。
だから茶掛けは、無駄のない洗練されたデザインなのです。
古来の日本人の美意識は、とても素晴らしい。

今回のご依頼主は、掛軸の柱部分を極力細くしてほしいというリクエスト。
柱を細くすることで浮かび上がってきたのは、本紙(墨跡)の存在感、、
こんなにも美しかったのか!と見惚れてしまいました。
DSC03138
▲修繕前
DSC04142
▲修繕後




DSC03139
▲修繕前
DSC04135
▲修繕後




DSC03140
▲修繕前
DSC04136
▲修繕後




DSC03142
▲修繕前
DSC04138
▲修繕後




DSC03141
▲修繕前
DSC04137
▲修繕後




DSC04129
DSC04130
DSC04131
DSC04132
DSC04134