IMG_0438
職人のイメージは、畳の上に座って黙々と作業をしてるように思われがちですが、
表具師は、一日中歩いています。
もちろん座り仕事もありますが、約9割は、歩いています。
多いときは一日2万歩以上!
だからこそ、足への負担を軽減させるために、相性の良いスニーカーを履くことが大事です。