本紙(絵)のある屏風の修繕は、屏風そのもの(下地)よりも本紙の修繕を最優先します。
本紙を改善し、保存することが一番重要であるからです。
その為、屏風下地の状態が悪いものは、新しく仕立てます。
松月堂の屏風下地は、安易な下地でなはく保存を目的とした本格的な屏風下地です。
手間を掛け、全て手作業で一から製作していくのです。
DSC00313 (1)
▲修繕前
DSC00540 (1)
▲修繕後




DSC00319 (1)
▲修繕前
DSC00548 (1)
 ▲修繕後




DSC00316
 ▲修繕前
DSC00543
▲修繕後




DSC00318
▲修繕前
DSC00545
▲修繕後




DSC00326
▲修繕前
DSC00559
▲修繕後