白山権現(はくさんごんげん)は白山の山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神であり、十一面観音菩薩を本地仏とする。白山大権現、白山妙理権現とも呼ばれた。神仏分離・廃仏毀釈が行われる以前は、全国の白山権現社で祀られた。※wiki参照
DSC02887
▲修繕前
DSC03107
▲修繕後




DSC02884
▲修繕前
DSC03110
▲修繕後




DSC02883
▲修繕前
DSC03109
▲修繕後




DSC02882
▲修繕前
DSC03108
▲修繕後




DSC02881
▲修繕前
DSC03113
▲修繕後
※良好な状態で掛軸を保存するのには、太巻き桐箱は必須です



DSC03112